ページの先頭です

未支給年金

[2017年8月18日]

年金を受けている方が亡くなったとき

死亡届と未支給年金

 年金を受けている方が亡くなると、年金を受ける権利がなくなるため、「年金受給権者死亡届(報告書)」の提出が必要です。
 なお、平成23年7月以降、日本年金機構に住民票コードが収録されている方は、原則として、「年金受給権者死亡届(報告書)」を省略できるようになりました。
 また、年金を受けている方が亡くなったときにまだ受け取っていない年金や、亡くなった日より後に振込みされた年金のうち、亡くなった月分までの年金については、未支給年金としてその方と生計を同じくしていた遺族が受け取ることができます。

未支給年金を受け取れる遺族

 年金を受けていた方が亡くなった当時、その方と生計を同じくしていた、(1)配偶者 (2)子 (3)父母 (4)孫 (5)祖父母 (6)兄弟姉妹 (7)「(1)から(6)以外の3親等以内の親族」です。未支給年金を受け取れる順位もこのとおりです。

◎平成26年4月から施行される「年金機能強化法」により、未支給年金の請求権者の範囲が(7)まで拡大されました。
 (甥・姪、おじ・おば、子の配偶者など)
※平成26年4月1日以後の死亡が対象となります。

未支給請求に必要なもの

●亡くなった方の年金証書
●亡くなった方の住民票除票(省略事項のないもの)
●請求者名義の通帳
●請求者の世帯全員分の住民票(省略事項のないもの)
●戸籍謄本
 ※亡くなった方と請求者の続柄を確認できるもの。
 ※姓が変わるなどにより、一つの戸籍だけで関係が確認できない場合は、複数の戸籍謄本の添付を要することがあります。

○生計同一申立書
 ※亡くなった方と請求者が別住所だった場合に記入。
 ※民生委員など第三者による証明を要する。
○別世帯の理由書
 ※亡くなった方と請求者が同住所別世帯だった場合に記入。

手続き先

日本年金機構 八尾年金事務所(別ウインドウで開く) 〒581-8501 八尾市桜ヶ丘1-65 電話 072-996-7711

年金の種類によっては市役所で手続きをできますので、年金事務所または市民課国民年金係までお問合わせください。
お問合せの際は、基礎年金番号をお知らせください。

市民課 国民年金係(本庁1階6番窓口) 電話 072-924-3848

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市 人権文化ふれあい部 市民課
電話: 072-924-3848 ファックス: 072-924-0220
E-mail: simin@city.yao.osaka.jp