ページの先頭です

だまされないために知っておきたい悪質業者の手口!

[2017年3月29日]

悪質な業者が使う手口には、次のようなものがあります

点検商法(1)

突然訪問してきた業者に無料だと言われたので、床下・屋根・屋根裏を見てもらった。
「このままでは家が壊れてしまう」と不安をあおられ、床下除湿剤や家屋補強などの高額なリフォームの契約をしてしまった。

点検商法(2)

市や水道局から来たかのように装って、無料で水質検査をすると言われ、家に上がりこまれた。
水道水を検査して、「この水は体に悪い」と言われ、強引に浄水器の購入を契約させられた。

催眠商法

道を歩いていると、「タダで差しあげます!」と声を掛けられ、台所用品の粗品をもらった。
「会場ではもっといいものをプレゼントしますよ!」と会場へ誘われて、ついて行くと、「プレゼントは話を聞いた人にあとで配る」と言われ、長時間話を聞いた後、高額な健康食品や布団を買わされた。

架空請求

(1)自宅に、未納料金お支払のお願いと書かれたハガキが届いた。詳細は不明だが、連絡しないと裁判になると書いてある。
(2)身に覚えのない情報コンテンツの請求がメールで届いた。解約したい場合は連絡してくださいと書いてある。
(3)知らない番号から着信履歴があった。折り返し電話をすると、「未納料金がある」という音声ガイダンスが流れた。

利殖商法

「銀行に預けるよりお得な話がある」と電話があり、会って話を聞くことになった。「これから成長する資源開発会社なので、投資すれば高配当がある」と勧められて、よくわからないまま投資信託を契約させられた。

サクラサイト商法

SNSで知り合った男性に、「メールで悩みを聞いてくれたらお金をあげる」と出会い系サイトに誘われた。お金を受け取るためにサイトのポイントを購入してメールのやり取りを続けていたら、ポイント購入費が10万円を超えてしまった。

いらないものは、きっぱりと断る勇気をもちましょう!

 もし契約してしまっても、取引や販売方法によっては、クーリング・オフができる場合があります。下記の相談窓口にご相談ください。

 ◆「クーリング・オフについて」はこちら

消費生活に関する相談・お問合せは
 消費生活に関する相談・お問合せは、
お気軽に「消費生活センター」か「くらし学習館」へ。
 ◎八尾市消費生活センター
 【電話番号】 072-924-8531
 【相談時間】 9:00~17:00(土・日・祝・年末年始は休み)

◎八尾市立くらし学習館
 【電話番号】 072-922-6185
 【相談時間】 10:00~15:00(土曜日は正午まで)
         (日・祝・年末年始は休み)
         ※土曜日のみ予約制
         八尾市立くらし学習館のホームページ(別ウインドウで開く)

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市消費生活センター
電話: 072-924-8531 ファックス: 072-924-0180
E-mail: sangyou@city.yao.osaka.jp

だまされないために知っておきたい悪質業者の手口!への別ルート