ページの先頭です

国民健康保険の特定健診・人間ドック助成事業・健康づくり助成事業について

[2017年3月16日]

保健事業について

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の適用を受けられる人

 平成29年1月より施行の「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」の適用を受けられる場合は、定期健康診断等の一定の取り組みを行っていることが前提で、健診結果等の提示が必要となります。
 八尾市国民健康保険において、特定健診または人間ドック(40歳以上)を受診した人は、「特定健診結果のお知らせ」が証明書の代わりとなります。ただし、人間ドック受診の30~39歳の人は、証明書の発行が必要ですので、健康保険課までお問い合わせください。
 75歳以上の人は、大阪府後期高齢者医療広域連合までお問い合わせください。
 なお、制度の詳細は、市民税課もしくは税務署までお問い合わせください。


厚生労働省ホームページ「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」について


市民税課 「医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)について」







より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市健康まちづくり部健康保険課

電話: 072-924-8534 ファックス: 072-923-2935

健康保険課へのお問合せフォーム


国民健康保険の特定健診・人間ドック助成事業・健康づくり助成事業についてへの別ルート