ページの先頭です

八尾えだまめのご紹介

[2011年11月15日]

八尾特産!八尾えだまめ!

八尾市は近畿で有数の枝豆の産地です!

八尾枝豆の写真

   八尾市は消費地大阪にあり、また卸売市場にも近いことから収穫適期が
  2~3日と短い上に鮮度が味の決めてとなるえだまめの性質上、
  えだまめ産地として各卸売市場から高い評価を得ているえだまめ産地です。

えだまめは鮮度が命!

  • 「八尾えだまめ」は大きく張った実とたっぷりの甘みが自慢です!
  • その秘密は旨みの成分であり、美味しさの決めての「アミノ酸」と「糖分」がたっぷりのっているからです。  アミノ酸や糖分は収穫後、2日で半減してしまうため、まさに鮮度が命!
  • 遠方からの産地ものは出荷体制上、収穫後最低2日、中国・台湾産は約4日・5日が経過してしまいます。  見た目は同じでも味が違います
  • 畑からお店、そして食卓へすぐに届く八尾えだまめを是非お召し上がりください

栄養満点で、夏バテ防止にも大活躍!!


枝豆の栄養説明


 ノンコレステロールの上、ビタミンA、ビタミンB1・2、
 ビタミンC、カルシウム、たんぱく質、アミノ酸、タンパク質、
 食物繊維等を含みます。
 また たんぱく質内のメチオニンは、ビタミンB1やビタミンC
 とともにアルコールの分解を助け、肝機能の働きを助ける
 ため、ビールのおつまみには健康面からもぴったりです。

塩茹でしたときにわかります!

  •  八尾えだまめは市場との距離的メリットを生かし、しっかりと熟し、大きく身の張った状態で出荷します。
  •  鮮度が良く、しっかりとパンパンに熟したえだまめを塩茹ですると、アサリが口を開けるようにパカッと口が開きます。
  •  是非、八尾えだまめをご賞味いただき、八尾特産物の味に触れてください。
  
  えだまめのレシピについては、「うまいで!食べてや!!八尾特産物」をご覧ください。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

経済環境部 産業政策課 農業振興係
072-924-9864  ファックス: 072-924-3908
E-mail: nougyou@city.yao.osaka.jp