ページの先頭です

生産緑地地区で農業ができなくなったら

[2016年9月13日]

生産緑地買取申出について

生産緑地地区制度には「買取り制度」があります。 
  • 生産緑地に指定されてから30年を経過したとき
  • 農業の主たる従事者の死亡
  • 農業従事を不可能にさせる故障
上記の項目にあてはまる要件がある場合は、随時市長に対して生産緑地を時価で買い取るよう申し出ることができます。
都市政策課までご相談のうえ、下記より提出していただく書類をご確認ください。

買取申出があれば、特別の事情がない限り市長に買い取られることとなります。
 (市長自ら買い取らない場合でも都道府県等の地方公共団体や、他の農業の従事者への斡旋につとめます。)
しかし特別の事情により買い取られない場合は、買取申出日より3ヶ月後に、生産緑地法上土地にかかっている制限は解除されます。

一度、買取申出により解除された土地は現在のところ再び生産緑地に指定することはできません。

【参考】買取申出の提出書類

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市都市整備部都市政策課

電話: 072-924-3850 ファックス: 072-924-0207

都市政策課へのお問合せフォーム


生産緑地地区で農業ができなくなったらへの別ルート