ページの先頭です

避難する時の注意点について

[2009年3月11日]

避難に関する知識

災害が発生したときまたは災害が発生する危険性があるときには、落ち着いてすばやく避難する必要があります。
迅速に避難行動をとるために、以下の点に注意して、早めに避難しましょう。

避難のタイミング

  • 八尾市から避難勧告等が発令されたとき。
  • 土石流、がけ崩れ、地すべりなどの恐れがあるとき。
  • 建物が倒壊する危険があるとき。
  • 台風等の接近により、大雨や暴風による被害発生の恐れがあるとき。

避難時のポイント

  • 最寄の指定避難所をよく知っておきましょう。
  • 夜間でも安全に避難できるように、前もって避難経路を確認しておきましょう。
  • 荷物は最小限の非常持出品にしましょう。
  • 避難する前にもう一度火の元を確認しましょう。ガスの元栓を閉め、電機のブレーカーも落とす。
  • できるだけ一人で行動せず、近所の人と一緒に避難しましょう。
  • 避難するときは、狭い道、塀や自動販売機のそば、川べりなどは避けましょう。
  • 子ども、障がい者、高齢者など災害時要配慮者等の避難者がはぐれないようにしましょう。
  • 歩行可能な水深は約50cm。水の流れが速い場合は、20cm程度でも危険です。

避難するときの服装

  • ヘルメット(防災ずきん)をかぶりましょう。
  • 非常持出品は両手が使えるように、リュックサックに入れて背負いましょう。
  • 長袖、長ズボンを着用しましょう。
  • 靴は底の厚い、履きなれたものを使いましょう。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

危機管理課 防災対策係
電話: 072-924-9870 ファックス: 072-924-3968