ページの先頭です

危険は急激に迫ってくる!

[2014年1月28日]

危険は急激に迫ってくる!

 風水害は、まだまだ大丈夫と思っていても、急激に状況が変化する場合もあります。
危険が迫ってからでは手遅れになることもあるので、異変を感じたらすぐに対応するよう心掛けておきましょう。


 ◎風が強いとき
   路上では
   路上では、強風で看板が飛んだり、街路樹などが倒れたりする危険があります。
   近くの頑丈な建物に避難を。ただし、雨を伴う強風時には、地下室や地下街に逃げ込まないようにしてください。

   屋内では
    風圧や飛来物で窓ガラスが割れ、破片が吹き込む危険があります。
    内側からガムテープなどをはり、カーテンを閉めておきましょう。風が強いうちは窓に近づかないように。

   海辺では
    海への転落や高波に巻き込まれる危険があります。また、高潮の恐れもあるので、すみやかに高台へ避難しましょう。    
    強風や豪雨のときには、警報が聞こえないこともあるので十分に注意を。


 ◎大雨のとき
   川原では
    川原などでは、上流の豪雨による急な増水や土砂崩れの危険があります。
    雨のときには川などに近寄らないことがいちばんです。もし河川にいるときに警報が聞こえたら、すみやかに避難を。

   車の運転中は
    豪雨の際は視界が悪いうえに、操作が利かなくなることも。
    できるだけ道路の中心よりの水が少ない場所を選びながら、ゆっくりと高台へ避難しましょう。
    浸水でエンストしたら、再始動させないように。エンジンを傷めます。

   路上で浸水してきたら
    高い建物へ避難しましょう。その際、エレベーターは閉じ込められる危険があります。
    なるべく階段を使って上の階へ行きましょう。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市危機管理課

電話: 072-924-3817 ファックス: 072-924-3968

危機管理課へのお問合せフォーム


危険は急激に迫ってくる!への別ルート