ページの先頭です

風水害にどう備えるか?

[2009年3月11日]

風水害にどう備えるか?

平常時の準備は?

◎家のまわりを保全する!
・雨戸や屋根を補強し、アンテナはしっかり固定しましょう。
・鉢植えや物干しざおなど、飛ばされそうなものは屋内へ移動させるか固定しておきましょう。プロパンガスのボンベもしっかり固定しましょう。
・ブロック塀や外壁のひび割れや亀裂は補修しておきましょう。
・側溝や排水溝は掃除し、水の流れをスムーズにしておきましょう。

◎停電に備える!
・懐中電灯や携帯ラジオ、予備の電池を準備しておきましょう。

◎断水に備える!
・飲料水を確保し、また、浴槽に水を張るなどして、トイレなどの生活用水の確保もしておきましょう。

◎非常持出品の準備!
・避難勧告等が出たとき、すぐに動けるように貴重品や非常持出品の準備をしておきましょう。

被害が心配されるときには

◎気象情報に注意する!
・テレビやラジオで発表される気象庁からの気象警報や、市などからの情報に注意しましょう。
・気象台が発表する情報は、電話(177番)でも確認することができます。
・がけの亀裂や水位の変化など、身近な環境の変化にも注意しましょう。

◎むやみに外出しない!
・台風が接近しているときや、豪雨の危険性があるときは、むやみに外出しないようにしましょう。
・外出時には天気予報を確認し、少しでも危険を感じる場所には近づかないことが大事です。

◎窓ガラスを補強する!
・外から板でふさいだり、×印にテープを貼るなどして補強しておきましょう。
・ガラスが飛ばないように、カーテンをしておきましょう。

◎家財道具を移動させる!
・浸水が心配される場合は、家財道具や貴重品、生活用品、食料などを高い場所へ移動させておきましょう。

◎安全な場所に避難する!
・被害が想定される場合には、事前に子どもや高齢者、病人などを安全な場所に避難させておきましょう。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

危機管理課
電話: 072-924-9870 ファックス: 072-924-3968

風水害にどう備えるか?への別ルート