ページの先頭です

Q.イノブタによる山への被害について、何とかならないものでしょうか?

[2009年10月1日]

 A.本市の山(東部山ろく一帯)は、鳥獣保護区に指定されているため、鳥獣を捕獲することは許されておりません

 しかし、農作物等に被害を及ぼす有害鳥獣については例外です。

 そのなかで大型獣のイノシシ(イノブタを含む。)と特定外来生物といわれるアライグマ・ヌートリアなどは許可を受けて捕獲・処分できますが、日本古来の生物であるタヌキ・イタチは捕獲しても山奥などへ放さなければいけないことになっています。

 イノシシ(イノブタを含む。)について、市では(公社)大阪府猟友会新八尾支部と捕獲業務の委託契約を締結し、檻を使って捕獲してもらい、農業被害等の減少に努めています

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

経済環境部 産業政策課 農業振興係
電話: 072-9274-9864 ファックス: 072-924-3908
メールアドレス: nougyou@city.yao.osaka.jp

Q.イノブタによる山への被害について、何とかならないものでしょうか?への別ルート