ページの先頭です

Q.改製原戸籍とはどのようなものですか?

[2010年5月24日]

A.改製原戸籍(正式には「かいせいげんこせき」と読みますが、「かいせいはらこせき」・「はらこせき」とも呼ばれています。)は、法改正により戸籍の改製(作り直し)が行われた際の、改製される前の古い戸籍のことを言います。
 戸籍の改製は今までに何度か行われていますが、最近の改製は八尾市の場合、平成17年10月8日に行っており、戸籍のコンピュータ化がされています。
 平成17年10月8日以前に死亡や婚姻等で該当の戸籍から抹消されている方については、改製により作られた新しい戸籍には記載されていません。そのため、平成17年10月8日以前の内容が必要な場合は、改製原戸籍(コンピュータ化以前の戸籍)が必要になります。

改製原戸籍のページへ

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

人権文化ふれあい部 市民課
電話: 072-924-8549 ファックス: 072-924-0220
メールアドレス: simin@city.yao.osaka.jp

Q.改製原戸籍とはどのようなものですか?への別ルート