ページの先頭です

~突然の病気やけがで困ったら~「救急安心センターおおさか」 電話♯7119または06-6582-7119

[2014年1月9日]

「救急安心センターおおさか」 病気やケガで迷ったらまずここへ 【☆ただし緊急時はすぐに119番!!】

救急医療相談窓口 「救急安心センターおおさか」の利用方法

●携帯電話・固定電話・プッシュ回線からは「♯7119」へコール
●固定電話(IP・ダイヤル回線など)からは「06-6582-7119」へコール
●その他の電話(固定電話・ダイヤル回線など)からは「06-6582-7119」へおかけ下さい。

あらかじめご了承ください。
※土曜、日曜、祝日は、電話が込み合ってつながりにくい場合があります。
※相談料は無料です。(通話料は利用者負担となります。)

「♯7119」を利用できる電話
電話の種類電話会社
固定電話NTT西日本の電話(ISDN・プッシュ回線)
固定電話ジェイコムウェスト(プッシュ回線)
携帯電話NTTドコモ
携帯電話au
携帯電話ソフトバンクモバイル
PHSウィルコム

救急安心センターのしくみ

救急安心センターの仕組み(フローチャート仕様の画像) 急にお腹が痛くなった:病院に行ったほうがいいの?おでこをぶつけてたんこぶができた:救急車を呼んだほうがいいの?うでを切って出血している:応急手当のやり方がわからないなど、突然の病気やけがで困ったら→♯7119または06-6582-7119へ電話してください。→救急安心センターおおさか 365日24時間対応で相談員・看護師が、医師の支援体制のもと救急医療相談に対応。(病気やけがの緊急性について助言。病気やけがの状態から応急手当について助言。適切な救急病院を案内。)→緊急性の高い相談には救急車がただちに出場
 
  1. 「救急車で行くほどではないと思うがどうしよう?」など、救急搬送を要請すべきかどうか判断に困ったとき
  2. 救急安心センターおおさかの専用番号「♯7119」または「06-6582-7119」に相談する
  3. 救急出場要請を行うか医療相談および医療機関案内を行う

対応できないご相談

 「救急安心センターおおさか」は、急な病気やけがの緊急性に関する相談と症状に応じた救急病院の案内を行っています。
 健康相談、介護相談、現在かかっている病気の治療方針や医療品に関するご相談には対応できませんので、ご理解をお願いします。

 【対応できないご相談事例】
 Q 病院でもらった薬のことで聞きたいのですが?
   薬は医師の診察結果に基づき処方されるものですので、処方された医師や購入した薬局などでご相談ください。
 Q 現在かかっている病気の治療方針について、聞きたいのですが?
   現在かかっている病院、あるいは他の病院(セカンドオピニオン)にご相談ください。
 Q がん検診は、年に何回ぐらい受ければ良いの?
   健康相談等にはお答えできません。
 

「救急安心センターおおさか」を動画で確認

「救急安心センターおおさか」を動画で確認


(「救急安心センターおおさか」への事業参画について)
  八尾市消防本部は、平成22年12月1日(水)から「救急安心センターおおさか」の事業運営に参加しております。これにより、365日24時間体制で市民の皆様の救急医療相談等に応じることが可能となりました。 (この事業は、大阪府内全43市町村の共同運営により実施しており、大阪府内の消防で構成する「救急安心センターおおさか運営委員会」で調整を図り、運営が行われています。)

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市消防本部消防総務課

電話: 072-992-2151 ファックス: 072-992-7722

消防総務課へのお問合せフォーム


~突然の病気やけがで困ったら~「救急安心センターおおさか」 電話♯7119または06-6582-7119への別ルート