ページの先頭です

自転車の交通安全

[2017年10月3日]

自転車事故が多発しています

自転車は手軽で便利な乗り物ですが、ルールを無視した危険な乗り方をすれば大事故につながります。


自転車を正しく安全に利用しましょう

自転車は「軽車両」!!車の仲間です。交通ルールを守って、正しく安全に乗りましょう。

◎自転車安全利用5則
 1 自転車は、車道が原則、歩道は例外
 2 車道は左側を通行
 3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 4 安全ルールを守る
   ●飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
   ●夜間はライトを点灯
   ●交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
 5 子どもはヘルメットを着用

自転車の交通安全ルールブック(大阪府警察作成)

画像をクリックするとリーフレット(PDFファイル)が開きます。

自転車に乗る前は必ず点検をしましょう。また、定期的な点検整備も行いましょう

自転車に乗る前の点検のポイント

点検の合言葉「ハラブッタベサ」 点検箇所の頭文字を並べています。

ハンドル

 ハンドルが前輪と直角にしっかり固定されているか調べましょう。

ライト

 ライトが明るくつくか調べましょう。

ブレーキ

 ブレーキが前後輪ともよくきいているか、調べましょう。

タイヤ

 タイヤの空気はしっかり入っているか、傷はないか調べましょう。

ベル

 ベルが鳴るか調べましょう。
 ベルは危険を知らせるものです。むやみに鳴らさないようにしましょう。

サドル

 両足裏の3分の1ぐらいが地面につくようサドルの高さを調節しましょう。

★夜間での安全運転のために反射材を取り付けましょう

悪い箇所があったらすぐ整備しましょう

点検で悪い箇所が見つかったらすぐに整備に出しましょう。

また、定期的に自転車安全整備店などへ行って点検や整備をしてもらいましょう。

TSマークとは?

自転車安全整備店で点検を受けると「TSマーク」を貼ってもらえます。
「TSマーク」には、点検日から1年間有効な賠償責任・傷害保険がついています。
(詳しくはお近くの「自転車安全整備店」でお尋ねください。)

自転車安全整備店の看板

[青色TSマーク]
 傷害保険
  ●入院15日以上 (一律)1万円  ●死亡・重度後遺障害(1~4級)(一律)30万円
 賠償責任保険
  ●死亡・重度後遺障害(1~7級) (限度額)1,000万円

[赤色TSマーク]
 傷害保険
  ●入院15日以上 (一律)10万円  ●死亡・重度後遺障害(1~4級)(一律)100万円
 賠償責任保険
  ●死亡・重度後遺障害(1~7級) (限度額)1億円

財団法人大阪府交通安全協会ホームページをご参照ください

TSマークってなーに?  http://www.osaka-ankyo.jp/topics/tsmake/tsmake.html

★自転車と歩行者の事故で、自転車側へ高額な賠償が命じられる事例が増えています

 TSマーク付帯保険、自転車保険、個人賠償責任保険などの加入で自転車事故に備えましょう。

自転車の放置はやめましょう

手軽な交通手段として、多くの人に利用されている自転車ですが、駅前広場や歩道にちょっとした気持ちで置いた自転車がみんなの迷惑になっています。

自転車をとめるときは駐輪場などを利用しましょう。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市都市整備部交通対策課

電話: 072-924-3856 ファックス: 072-924-0207

交通対策課へのお問合せフォーム