ページの先頭です

民間建築物耐震診断補助制度

[2016年8月25日]

民間建築物耐震診断補助制度

八尾市では、八尾市内にある建築物の耐震診断費用の一部を補助します。補助を受けるには、着手前に申請が必要です、耐震診断に先に着手されますと補助対象になりません。

耐震診断補助の条件と補助金額

補助の条件

  1. 昭和56年5月31日以前に建築されたもの。
  2. 住宅(一戸建て、長屋、共同・併用住宅)で現在居住されているもの。ただし、木造住宅についてはこれから居住されるものも含む。
  3. 特定建築物(建築物の耐震改修の促進に関する法律第14条に規定するもの)で現在使用していること。
  4. 対象建築物の所有者であること。
  ※木造住宅については、木造住宅耐震診断技術者派遣をご利用いただけます。
    詳しくは、このページの下部をご覧ください。

補助金額

  1. 木造住宅の場合は、耐震診断に要した費用の90%以内で1平方メートルあたり1000円のどちらか低いほうの金額とする。ただし、一戸につき45,000円を上限とする。
  2. 木造以外の住宅の場合は、一戸につき25,000円か、耐震診断、予備診断に要した費用(補修費、修繕費を除く)の50%のうちの低いほうの金額として、100万円を限度とする。
  3. 特定建築物の場合は、耐震診断、予備診断に要した費用(補修費、修繕費を除く)の50%として、100万円を限度とする。

ご不明な点やご興味をお持ちでしたら、まずはお気軽に住宅政策課(072-924-3790)までお電話ください。


木造住宅耐震診断技術者派遣

木造住宅耐震診断技術者派遣

  八尾市では、一定の条件を満たす木造住宅に対し、ご利用しやすい木造住宅耐震診断技術者派遣制度により、耐震診断技術者を派遣しています。
 普通の木造戸建住宅については、所有者負担5,000円で耐震診断技術者を派遣して耐震診断を行います。
 (木造長屋住宅、木造共同住宅についても派遣できますが、所有者負担等の条件が戸建住宅とは異なります。)


派遣対象となる条件

 1.昭和56年5月31日以前に建築されたもの。
 2.現在居住されているものまたは、これから居住されるもの。
 3.対象建築物の所有者であること。
 4.木造住宅であること。
  


ご不明な点やご興味をお持ちでしたら、まずはお気軽に住宅政策課(072-924-3790)までお電話ください。


関連コンテンツ

民間建築物耐震診断補助制度

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市建築部住宅政策課

電話: 072-924-3783 ファックス: 072-924-2301

住宅政策課へのお問合せフォーム