ページの先頭です

十巻 ~河内名所図会を訪ねて その4(大信寺)~

[2011年8月26日]

河内名所図会を訪ねて その4(大信寺)

河内名所図会に描かれた「大信寺」の伽藍

 顕証寺を中心とする久宝寺寺内町から分かれ、八尾寺内町の中心寺院となったのが、江戸時代初め、本願寺教如(きょうにょ)によって創建された八尾御坊・大信寺でした。大信寺の伽藍(がらん)の構成や建物の様子は、河内名所図会で詳しく描かれています。

 伽藍には、右手奥の本堂のほかに、京都・伏見城より移されたという太鼓楼(たいころう)や、成思庵(せいしあん)という茶室、対面所(たいめんじょ)、大玄関(おおげんかん)、庫裏(くり)、表門、長屋門(ながやもん)など多くの建物で構成されていたことが分かります。本堂は、江戸時代の半ばを過ぎた明和(めいわ)4年(1767年)に再建されたものです。しかし、その本堂は、天明(てんめい)8年(1788年)の大火で焼けた東本願寺の御影堂(ごえいどう)の仮御堂(みどう)として京都に移築され、八尾に再び建てられたのは、およそ10年後の寛政11年(1799年)です。名所図会の刊行が享和元年(1801年)で、まさに本堂が再建された直後の姿を正確に描いたと考えられます。

 その後、明治2年(1869年)の1月から8月までの堺県(さかいけん)に編入される短い間ですが、「河内県庁」が大信寺の境内に置かれました。県庁跡は、現在、府指定史跡になっています。そして、昭和28年(1953年)、白アリの被害により本堂が倒壊したため、昭和42年(1967年)に現在の鉄筋コンクリート造りの本堂に再建されました。

 江戸時代、立派な伽藍を持った大信寺の姿は、河内名所図会でしか見ることができませんが、現在の姿に至るまで長い歴史の物語を重ねてきた寺院です。

【PDFデータ】八尾歴史物語 十巻~河内名所図会を訪ねて その4(大信寺)~

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

関連コンテンツ

市政だより「八尾歴史物語」

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市教育総務部文化財課

電話: 072-924-8555 ファックス: 072-924-5593

文化財課へのお問合せフォーム


十巻 ~河内名所図会を訪ねて その4(大信寺)~への別ルート