ページの先頭です

『脳脊髄液減少症』について

[2011年9月21日]

 脳脊髄液減少症とは、交通事故やスポーツ外傷等の後に、脳脊髄液が漏れ出し減少することによって、頭痛、めまい、倦怠、不眠、記憶障害などの様々な症状を引き起こす疾患のことです。また、この疾患は、交通事故やスポーツ外傷等のほか、日常的な出来事によっても引き起こされる可能性があるとも言われています。
 この疾患については、医学的な解明が進められている段階であり、国の研究班によって診断基準の確立と有効な治療法に関する研究が進められているところです。


【検査等可能医療機関・支援団体・関連情報など】

脳脊髄液減少症などに関する情報(大阪府ホームページ) *外部サイトにつながります

脳脊髄液減少の診断・治療の確立に関する調査研究 *外部サイトにつながります


より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市健康まちづくり部 保健センター

電話: 072-993-8600 ファックス: 072-996-1598

 保健センターへのお問合せフォーム