ページの先頭です

児童手当制度

[2016年5月27日]

児童手当について

マイナンバー法の施行に伴い、平成28年1月から児童手当認定請求の手続きに本人確認が必要になります。
 番号確認書類と身元確認書類の2種類が必要になります。
詳しくは、「◆マイナンバーの確認に必要なもの」 をご確認ください。

児童手当制度とは・・・

◆ 児童手当

  ・ 児童手当制度は、次代の社会を担う児童の健やかな成長を支援することを目的とし、
   平成22年4月から平成24年3月までの「子ども手当」制度を引き継ぎ、平成24年4月から
   開始された制度です。

  ・ 出生・転入などにより、八尾市で新たに児童手当の支給対象となった場合は、
   出生日や転出予定日などの翌日から15日以内に認定請求の手続きが必要です。


◆ 申請及び受給できる方

  以下の要件の全てに該当する方が受給出来ます。

   1.八尾市の住民基本台帳に記載されている方
  ※ 特別永住者及び一年以上の在留資格を有して在留している方(短期滞在、興行資格の方
         は除きます。)
    2.八尾市に居住し、中学校修了前(15歳到達後最初の3月31日まで)の児童を養育している方

    ※ 父母のうち、所得の高い方が受給者となります。
    ※ 離婚(前提)などにより父母が別居している場合、児童と同居している方に手当を支給し
     ます。(単身赴任を除く)
    ※ 海外に住んでいる児童の手当は支給できません(留学等を除く)。留学の場合でも、要件
        が定められているため、詳細は下記にお問い合わせください。
    ※ 未成年後見人に、後見する児童の手当を支給します。
    ※ 児童の父および母が海外に住んでいる場合、児童と同居し養育する方(父母指定者)に
        手当を支給します。
    ※ 児童が児童福祉施設等に入所している場合、入所施設の設置者などに支給します。

◆ 申請に必要なもの

  ・ 認定請求書
  ・ 印かん(サインでも可)
  ・ 申請者の金融機関の預金通帳等(請求者のものに限ります。配偶者や児童のものは使用できません。)
  ・ 申請者の健康保険証のコピー(厚生年金や共済年金等の被用者年金加入者のみ必要
    ・ 申請者の平成28年度(平成27年中)所得証明書(平成28年1月2日以降に八尾市に転入した方のみ必要)
      ※ 平成28年1月1日に住民登録していた市区町村からお取り寄せください。
      ※ 児童手当の申請者が配偶者を税法上扶養控除(配偶者控除)していない場合は、あわせて配偶者の所得証明書の提出が必要です。
  
  ※ その他、状況に応じて他の書類が必要となる場合があります。(児童の別居など)

◆マイナンバーの確認に必要なもの(番号確認書類と身元確認書類が必要です。)

確認するもの
 請求者(本人)が申請する場合
(右の2種類が必要)
  1. 請求者の 【a.番号確認書類】
  2. 請求者の 【b.身元確認書類】 
 代理人が申請する場合
(右の3種類が必要)
 
  1. 請求者の 【a.番号確認書類】(コピーも可)
  2. 請求者の 【b.身元確認書類】(健康保険証等) 
    または 請求者からの委任状
  3. 代理人の 【b.身元確認書類】

※上記の書類に加えて、配偶者の方のマイナンバー(個人番号)を確認してきてください。申請書に配偶者のマイナンバー(個人番号)を記入していただきます。
(記入が出来ればよいので、配偶者の方の【番号確認書類】や【身元確認書類】は必要ありません。)


【a.番号確認書類】

  • 通知カード(平成27年11月以降、各世帯に送付されています)
  • マイナンバーカード(交付を希望する場合は申請が必要です)

【b.身元確認書類】 

身元確認書類
 1点でよいもの (公的機関発行の顔写真付き身分証明書)マイナンバーカード、運転免許証、
パスポート、在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳等
 2点必要なもの各種健康保険被保険者証、年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書等

◆ 支給額(月額)

児童一人あたりの支給月額
対象となる児童所得制限額
未満の人
所得制限額
以上の人
0~2歳15,000円5,000円
 3歳~
  小学生
第1・2子10,000円
第3子以降15,000円
中学生10,000円
  ※ 出生順位は、18歳に到達した日以降の最初の3月31日を迎えるまでの児童を対象として数えます。

手当金額の例
年齢 区分 手当月額
20歳 対象外 0円
18歳 第1子 0円
14歳 第2子 10,000円
8歳 第3子 15,000円

◆ 所得制限

所得額
扶養親族等の数  所得額  収入額
0人 622.0万円 833.3万円
1人 660.0万円 875.6万円
2人 698.0万円 917.8万円
3人 736.0万円 960.0万円
4人 774.0万円 1,002.1万円
  ※ 扶養親族が5人を超える場合には、1人につき38万円を所得制限限度額に加算します。

◆ 手当の支給

手当の支給について
支給期 対象月 支払日
6月期 2月分~5月分  6月10日
10月期 6月分~9月分 10月7日
2月期 10月分~1月分 2月10日
  ※ 上表の支給日及び対象月は定例払いで、申請や各種届出等の状況により上表と異なる場合があります。
         また、10日が土日の場合は前営業日での振込みとなります。

◆ 現況届

  現況届とは、6月1日の状況を記入いただき、引き続き児童手当を受給できる要件にあるか
  どうかを確認する届出のことです。5月末に現況届用紙を送付します。もし、6月中旬頃になっても
  用紙が届かない場合はお問い合わせください。
 
  ※ この届がないと6月分以降の児童手当が受給できなくなりますので、必ず提出してください。
  

◆ 現況届に必要なもの

  1. 印鑑(サインでも可)
  2. 受給者の健康保険証のコピーまたは、年金加入証明(現況届用紙内の証明欄又は別途の証明でも可)
  ※ 受給者が厚生年金等に加入の場合のみ必要 
    3. 申請者の平成28年度(平成27年中)所得証明書(平成28年1月2日以降に八尾市に転入した方のみ必要)
      ※ 平成28年1月1日に住民登録していた市区町村からお取り寄せください。
      ※ 児童手当の申請者が配偶者を税法上扶養控除(配偶者控除)していない場合は、あわせて配偶者の所得証明
          書の提出が必要です。

※ その他、状況に応じて他の書類が必要となる場合があります。(児童の別居など)

◆ 児童手当には寄附の制度があります

  制度についてご理解いただき、ご協力いただける際には、児童手当担当までご連絡ください。
  手続きの方法等について、ご案内させていただきます。
  なお、寄附いただいた手当については、「がんばれ八尾応援寄附金」のなかの「子ども育成支援(こども夢基金)」
   に充当します。


より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

こども未来部 こども政策課
電話: 072-924-3839 ファックス: 072-924-9548
メールアドレス: kodomoseisaku@city.yao.osaka.jp