ページの先頭です

◆原本証明について

[2012年12月12日]

◆原本証明について

 新規申請書、変更届等に添付する書類のうち、資格証、契約書、登記簿、定款等の「写し」となっている書類については、申請者の代表者名で原本証明を行ってください。

原本証明の例

原本証明の方法

原本証明の内容

・ 写しと原本が相違ない旨の文章
  例)「この写しは原本に相違ありません。」「この写しは原本と同一であることを証明する。」

・ 法人名(事業所名ではありません)

・ 法人代表者の役職名と氏名

・ 法人代表者印(登記印)

改姓等により証明上の氏名と現在の氏名が異なる場合

 写しと原本が相違ない旨の文言に加えて、証明書上の氏名の人物と、証明を行いたい人物が同一人である旨の文言を記載してください。
 例)「監査太郎は改姓により現在は○○太郎である。」「監査太郎と○○太郎は同一人である。」





より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市地域福祉部福祉指導監査課

電話: 072-924-3012 ファックス: 072-922-3786

福祉指導監査課へのお問合せフォーム