ページの先頭です

土地の税額の計算方法について

[2015年4月14日]

土地の税額の計算方法

 課税標準額に税率をかけたものが税額になります。税率は固定資産税が1.4%、都市計画税が0.3%になります。

小規模住宅用地(住宅一戸あたり200平方メートルまでの分)の税額計算一例

小規模住宅用地(住宅一戸あたり200平方メートルまでの分)の税額計算一例
 例1
 例2
平成27年度価格(評価額)(A)
 27,000,000円 27,000,000円
 平成26年度課税標準額(B) 4,600,000円 4,100,000円
 平成27年度価格に特例率を乗じた額
(本則課税標準額)(C)
 4,500,000円
〔(A)×1/6〕
 4,500,000円
〔(A)×1/6〕
 負担水準(B)/(C)×100(D) 102.2% 91.1%
 平成27年度課税標準額(E)
負担水準に応じた課税標準額の求め方
 4,500,000円
〔(C)〕
 4,325,000円
〔(B)+(C)×5%〕
 平成27年度年税額(E)×1.4/100 63,000円 60,500円
 課税標準額・負担水準等については「土地の課税標準額の計算方法について」をご覧ください。

商業地等(住宅用地以外の宅地等)の税額計算一例

商業地等(住宅用地以外の宅地等)の税額計算一例
  例1 例2 例3 例4
平成27年度価格(A) 27,000,000円 27,000,000円 27,000,000円 27,000,000円
平成26年度課税標準額(B) 19,500,000円 17,000,000円 15,150,000円 13,000,000円
負担水準(B)/(A)×100(C) 72.2% 62.9% 56.1% 48.1%

平成27年度課税標準額(D)
負担水準に応じた課税標準額の求め方

18,900,000円
〔(A)×70%〕
17,000,000円
〔(B)と同額〕

16,200,000円
(注1)
〔(A)×60%〕
14,350,000円
〔(B)+(A)×5%〕
平成27年度年税額(D)×1.4/100 264,600円 238,000円 226,800円 200,900円
(注1)負担水準は60%未満の区分ですが、〔(B)+(A)×5%〕=16,500,000円となり、(A)×60%=16,200,000円を上回るため、平成27年度課税標準額は16,200,000円となります。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市財政部資産税課

電話: 072-924-3823 ファックス: 072-924-8838

資産税課へのお問合せフォーム