ページの先頭です

住民票の写し、戸籍謄本などの不正取得を防止するため本人通知制度へご登録を

[2016年3月14日]

本人通知制度とは

事前に登録した人の住民票の写しや戸籍謄本などを本人の代理人や第三者に交付した場合に、交付した事実について登録者本人に通知する制度です。

利用には事前登録が必要です  登録費用は無料

  • 登録できる人・・・本市に住民登録している、または本籍がある人(過去にあった人も含む)。
  • 登録の手続き・・・「本人通知登録申請書」に必要事項を記入の上、本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、健康保険証、身体障害者手帳、年金手帳など)とともに市役所本館1階市民課または各出張所で手続きして下さい。
  ※ 申請書は市民課と各出張所にあります。下記の市ホームページからもダウンロードできます。
  ※本人以外の申請(代理人申請)の場合は委任状が必要です。
  ※ ほかの市区町村に住民登録している人や、疾病により窓口で申請することが困難な人などは、郵送による申請も
    可能です。

■登録した人に通知が届きます

第三者などに住民票の写しや戸籍謄本などを交付したとき、登録した人に「交付年月日」「交付証明書の種別」「交付請求書の区分」「交付通数」を郵送で通知します。

■通知の対象となる証明書

(1)住民票の写し(除票含む)
(2)住民票記載事項証明書
(3)戸籍全部及び一部事項証明書(除籍含む)
(4)戸籍謄本・抄本(除籍含む)
(5)戸籍記載事項証明書(除籍含む)
(6)戸籍附票の写し(除附票含む)



より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市人権文化ふれあい部市民課

電話: 072-924-8549 ファックス: 072-924-0220

市民課へのお問合せフォーム


住民票の写し、戸籍謄本などの不正取得を防止するため本人通知制度へご登録をへの別ルート