ページの先頭です

やお発 次世代へつなぐ高安能 未来発信プロジェクト

[2017年8月9日]

高安地域をゆかりとする能楽を八尾の魅力として発信していきます

  • 古くより難波・河内と大和を結ぶ要衝(ようしょう)として人や物が行き来した高安地域―。地域内にある玉祖(たまのおや)神社は、能楽ワキ方・大鼓(おおつづみ)方の「高安流」発祥の地であるともいわれており、また、同地域は、能楽曲「井筒」や「弱法師(よろぼし)」とのかかわりも持っています。
  • 八尾市では、今後、高安地域をゆかりとする能楽(以下「高安能」)をテーマとして、連続講座やワークショップの開催、能楽の上演、約300年ぶりとなる能楽曲「高安」の復曲・上演などを行うとともに、能楽曲「井筒」、「高安」のベースである「伊勢物語」に触れながら、高安能を”八尾の魅力”として発信していきます。
  • 本事業は関係団体が参画する「高安能未来継承事業推進協議会」が中心となり活動を進めていきます。
薪能の会場となる玉祖神社の様子です。
舞台で能を披露している様子です。

やお発次世代へつなぐ高安能未来発信プロジェクトの概要

Adobe Reader
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

平成29年度事業のご案内

■連続講座「河内の歴史文化再考」の開催

各テーマに沿った研究者を講師に迎え、河内の歴史、文化をふりかえりながら、高安の地と能楽の結びつきを紐解いていきます。
【主催】高安能未来継承事業推進協議会

■高安薪能


高安山の中腹に位置する玉祖神社を舞台に、高安地域にゆかりある能楽曲を上演します。
あわせて、「高安と能楽の関わりを探る講座」も開催します。

【日程】平成29年10月9日(月・祝)
【会場】玉祖神社、旧中高安小学校体育館
【主催】高安能未来継承事業推進協議会

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市人権文化ふれあい部文化国際課

電話: 072-924-3909 ファックス: 072-924-0175

文化国際課へのお問合せフォーム