ページの先頭です

下水道の維持管理・開発協議

[2015年4月1日]

下水道の維持管理・開発協議

維持管理

 下水道管の耐用年数は一般的に50年と言われていますが、下水から発生する硫化水素等によって下水道管の内部が腐食し、より短期間で老朽化が進んだり、破損によって陥没が発生することもあります。

 また、マンホールに関しては、車両が上部を通行することによって蓋の表面が磨り減り、雨天時に滑りやすくなったり、道路面との段差が生じることで振動や騒音の原因になることがあります。

 そのため、これらに起因する事故等を防止するためには、下水道施設の適正な維持管理が必要となってきます。八尾市では、本市において管理している下水道施設について、施工年次が古いものを中心に、改良や補修、清掃等を行い、下水道施設の維持管理を実施しています。

開発協議

 公共下水道の整備区域内において開発行為を行う場合、下水道管理課にて協議を行う必要があります。また、開発面積が500平方メートル以上(一部例外あり)のものについては、雨水貯留施設の設置が必要となる場合があります。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市都市整備部下水道管理課

電話: 072-924-3861 ファックス: 072-922-3587

下水道管理課へのお問合せフォーム