ページの先頭です

「昭和52年の前納水道料金還付のお知らせ」をお送りしています

[2015年10月14日]

前納水道料金とは

 昭和52年4月に検針徴収制度を2ヵ月検針2ヵ月徴収から4ヵ月検針2ヵ月徴収(官公庁・大口需要家のお客さまにつきましては、毎月検針毎月徴収から2ヵ月検針毎月徴収)へ変更した際に、使用時期とその請求時期に差が発生するため、前納していただいた水道料金です。なお、これまでは転宅等による閉栓(水道の使用中止または廃止)の届出があったときに最終料金で精算することとなっておりました。

前納水道料金に関するQ&A

Q1. なぜ、還付することとなったのですか。
A1.   この前納水道料金は、閉栓(水道の使用中止または廃止)の際に精算する制度でありましたが、昭和52年の制度変更前から現在も
   引き続きご使用いただいているお客さまにつきましては、精算できておりません。
    近年の精算状況からみると、すべての精算に至るまでは長期間要するため、今後も継続してご使用のお客さまに対し閉栓の手続き
   をしなくても前納水道料金を精算するために八尾市水道事業給水条例を改正いたしました。

Q2. 対象者は誰ですか。
A2.   昭和52年の制度変更前から引き続き水道をお使いで、当時お預かりした前納水道料金をまだ精算させてもらっていないお客さまが
   対象です。

Q3. 手続きはどうするのですか。
A3.  対象となるお客さまには、平成27年7月以降順次「昭和52年の前納水道料金還付のお知らせ」をお送りしています。内容につきまし
   ては、そのお知らせにてご確認いただきますようお願いいたします。
    また、還付先口座を指定していただくお客さまには返信用封筒を同封しておりますので、お知らせの裏面に必要事項を記入のうえ、
   ご返送いただきますようお願いいたします。
   

※前納水道料金の精算に関する専用ダイヤルの廃止について
 八尾市水道局では、平成27年7月から昭和52年の前納水道料金の精算に関する専用ダイヤルを設置しておりました。このたび、平成28年3月31日をもって当ダイヤルを廃止させていただきます。
 なお、平成28年4月からのお問い合わせにつきましては、お客さまサービス課(072-923-6303)までお願いいたします。

前納水道料金の還付を装った詐欺行為にご注意ください

  • 還付金の振込手続きでは、金融機関等のATMの操作をお願いしたり、キャッシュカードをお預かりすることは絶対にありません。
  • 還付にあたってお客さまから手数料をいただくことは絶対にありません。
  • 水道局からお送りした所定用紙以外で、還付手続きをお願いすることは絶対にありません。

※少しでも詐欺と思われるようなことがありましたら、下記までご連絡ください。

  • 八尾市水道局 経営総務課         072-923-6546
  • 八尾市役所 産業政策課 消費生活係  072-924-8531
  • 八尾市立くらし学習館           072-922-6185

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

水道局 お客さまサービス課
電話: 072-923-6303 ファックス: 072-923-6313

「昭和52年の前納水道料金還付のお知らせ」をお送りしていますへの別ルート