ページの先頭です

18歳の選択「やお未来議会2016」

[2017年10月11日]

2月6日、18歳の選択「やお未来議会2016」を開催しました

 今夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられるのを前に、主権者教育の一環として市内の高校生、大学生らを対象に「18歳の選択『やお未来議会2016』」を実施しました。

○日時 平成28年2月6日(土)午後2時~5時30分

○場所 市役所本館10階議場

○参加者 市内4高等学校(金光八尾、八尾、八尾翠翔、山本)の生徒25名、大阪経済法科大学の学生8名

○傍聴者 約100名

○主催 八尾市議会
  共催 八尾市選挙管理委員会
  協力 大阪府選挙管理委員会
  後援 八尾市・八尾市教育委員会・大阪府教育委員会

○実施内容 下記の通り

※右の画像をクリックすると当日の映像をご視聴いただけます。

実施内容

 市議会として、開かれた議会を実践するとともに、新たに有権者となる生徒・学生に、選挙制度を通してどのように市議会や市政に参画するのかについて考え、行動してもらう契機とすることを目的に、「選挙制度への理解を深める」と「議会制民主主義への理解を深める」の二部構成で行われました。

オープニングセレモニー

 まず、開会に先立ち、プロ和太鼓集団「倭-Yamato」がプロデュースする特別ユニットによるオープニングセレモニーが行われました。
 このユニットはこの日のために、中学生・高校生と八尾市内の太鼓教室に通う小学生で構成されたものです。
※下の画像をクリックすると、当日の映像をご視聴いただけます。

第1部 選挙を体験する

 大阪府選挙管理委員会事務局職員から「選挙を知る授業」が行われた後、模擬市議会議員選挙が行われました。
 模擬市議会議員選挙では、生徒・学生が、模擬選挙公報や河内昭和音劇団の劇団員がふんする候補者による立会演説を参考にして、良いと思った候補者に票を投じました。
※下の画像をクリックすると当日の映像をご視聴いただけます。

「選挙を知る授業」

模擬投票の様子

第2部 議会制民主主義を体験する

(1)18歳からの提言
 まず、市内の4高等学校から、八尾市の課題や未来に望むことが発表され、議員からコメントが行われました。

○金光八尾高校の発表の様子
 
 市内に空き家が多いという課題認識にたち、市内の空き家の現状とそれが及ぼす問題や、空き家を減らすための具体策について提案が行われました。

※右の画像をクリックすると発表の様子をご視聴いただけます。

○八尾高校の発表の様子

 市内に学生が気軽に遊べる公園が少ないという課題認識にたち、公園でボール遊びを行う上での課題や、ボール遊びができる公園を増やすための具体策について提案が行われました。

※右の画像をクリックすると発表の様子をご視聴いただけます。

○八尾翠翔高校の発表の様子

 人口減少と少子高齢化が重要な課題であるとの認識にたち、都市部へ若い世代が流出し一極集中するのを防ぎ、全世代の人々にとって「住みたい」と思われるまちにするための具体策について提案が行われました。

※右の画像をクリックすると発表の様子をご視聴いただけます。

○山本高校の発表の様子

 「18歳になったら選挙にいくか」、「八尾市をすごしやすいまちと思うか」について校内で実施したアンケートの結果とそれに対する感想が発表されました。

※右の画像をクリックすると発表の様子をご視聴いただけます。

(2)生徒と議員の対話
 次に、平成27年の統一地方選時の選挙公報を活用して、高校生・大学生から各議員に対し、議員活動の進捗状況や立候補したきっかけなどについて質問が行われました。
※下の画像をクリックすると当日の映像をご視聴いただけます。

議員との対話1

議員との対話2

議員との対話3

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市市議会事務局議事政策課

電話: 072-924-3885 ファックス: 072-922-4968

議事政策課へのお問合せフォーム


18歳の選択「やお未来議会2016」への別ルート