ページの先頭です

「交通安全列車」運行で交通安全を啓発!

[2016年4月13日]

平成28年「春の全国交通安全運動」キャンペーン実施

出発式の様子

 平成28年春の全国交通安全運動が4月6日から15日までの10日間にわたり展開され、全国各地で様々な取組みが実施されています。
 本市でも、交通事故や踏切事故の防止を呼びかけるキャンペーン活動が行われ、その一環として、7日、近畿日本鉄道株式会社との協力による『交通安全列車』が運行されました。主催は「交通事故をなくす運動」八尾市推進本部。
 今回の『交通安全列車』運行は、「こどもと高齢者の交通事故防止」を重点目標として掲げる本運動の機会をとらえ、市民と電車の利用者に向けて啓発を行うため近畿日本鉄道株式会社とタイアップして初めて実施するもので、全国的にもめずらしい取り組みとなっています。

一日近鉄八尾駅長

 列車運行の出発地点となる近鉄信貴山口駅の構内には、市や警察などの関係者をはじめ、地域の方や近鉄電車の利用者など約100人が集まり、賑わっていました。列車は信貴山口駅と河内山本駅の間を7日限定で一日中運行。
 今回のキャンペーン活動には、自転車愛好者の女性ユニットで大阪府警察本部・自転車対策室のイメージモデルでもある『ちゃりん娘(ちゃりんこ)』の皆さんが参加。
 メンバーの松 加奈(まつ かな)さんが一日近鉄八尾駅長に、松本 奈々(まつもと なな)さんが一日八尾警察署長にそれぞれ任命され、事故防止の大切さや守るべき交通ルールなどを伝えました。

交通安全列車

 出発式では、主催者を代表して「交通事故をなくす運動」八尾市推進本部本部長、田中誠太八尾市長からの挨拶が行われた後、『交通安全列車』に装着された「交通安全プレート」をデザインした大阪経済法科大学漫画アニメーション研究会の皆さんやプレートのデザインが紹介されました。
 当イベントには、同大学のボランティアグループ「学生防犯隊」のみなさんも参加。地域の安全活動に学生も一緒に取り組んでいます。

 午前10時半頃、『交通安全列車』の信貴山口駅到着に合わせてテープカットが行われ、河内山本駅に向けて第一便が出発。
 車内において、交通安全の襷を身に着けた関係者から、乗客に向けて、交通ルールや事故防止の取り組みなどについて呼びかけました。

出発式の様子
一日八尾警察署長
出発式の様子
一日近鉄八尾駅長
学生ボランティアの活動の様子
学生ボランティアの活動の様子

問合せ

「交通事故をなくす運動」八尾市推進本部(交通対策課) 電話072-924-3880

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市総務部市政情報課

電話: 072-924-3811 ファックス: 072-924-0135

市政情報課へのお問合せフォーム


「交通安全列車」運行で交通安全を啓発!への別ルート