ページの先頭です

三四巻 続・河内名所図会を訪ねて(6) ~大信寺の建物 その後・後編~

[2016年5月26日]

三四巻 続・河内名所図会を訪ねて(6) ~大信寺の建物 その後・後編~

 江戸時代の八尾別院・大信寺の建物について、前回は、その本堂が移築され、東京都港区の善福寺(ぜんぷくじ)の本堂として利用されていることを紹介しました。
善福寺の沓巻板

 今回は、その善福寺に残る、大信寺から移築されたことを示すものについてお話しします。

 本堂中央の屋根の前方に張り出した向拝(こうはい)と呼ばれる部分を支える柱の下部の装飾品「沓巻板(くつまきいた)」と呼ばれる銅板には、江戸時代の本堂再建の際に、この銅板を寄進した人物の名前とその在住地と考えられる「久宝寺村西町(まち)」という文字が刻まれています。

←善福寺の沓巻板(全体)

寄進した人物の名前や在住地が刻まれている

 久宝寺村西町は久宝寺寺内町の中にあった町ですが、これは、大信寺がある八尾寺内町だけでなく、久宝寺寺内町にも支援者がいたことを示しています。

 さらに、この銅板には、製作場所が「大坂南御堂(みなみみどう)」であると刻まれています。
 江戸時代の大坂南御堂は大坂における東本願寺の拠点で、寺院に関する銅製品などを作る職人が多くいました。これらは、善福寺の本堂が大信寺から移築されたことを示す貴重な証拠です。

 また、大信寺の建物で移築されたのは本堂だけではなく、山門や鐘楼(しょうろう)などが三重県桑名市の桑名別院・本統寺(ほんとうじ)に運ばれていたことも分かっています。

←寄進した人物の名前や在住地が刻まれている

 本統寺も善福寺と同じように太平洋戦争の空襲で焼失し、戦後の復興に合わせて大信寺から移築されたようで、こちらもまた現在にその姿を残しています。

 このように、『河内名所図会』に描かれた大信寺の立派な伽藍(がらん)を構成した建物は、場所を変え、今もなお当時の姿を残しているのです。

【PDFファイル】三四巻 続・河内名所図会を訪ねて(6) ~大信寺の建物 その後・後編~

Adobe Reader
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

関連コンテンツ

市政だより「八尾歴史物語」

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市教育総務部文化財課

電話: 072-924-8555 ファックス: 072-924-5593

文化財課へのお問合せフォーム


三四巻 続・河内名所図会を訪ねて(6) ~大信寺の建物 その後・後編~への別ルート