ページの先頭です

特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等について

[2017年2月3日]

特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等について

昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間で、満7歳になるまでに受けた集団接種(予防接種またはツベルクリン反応検査)の際に、注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方(これらの方々の相続人を含む)に対して、病態に応じ50万~3600万円等をお支払いする制度があります。

詳しくは、厚生労働省ホームページ等をご覧下さい。

【外部リンク】

・B型肝炎訴訟について(救済対象の方に給付金をお支払します)〈厚生労働省〉

・リーフレット〈厚生労働省〉


肝炎ウイルス検査について

八尾市では、満40歳以上で過去に肝炎ウイルス検診を受けたことのない市民に対して、肝炎検査(採血)を無料で実施しています。
詳しくは、以下のリンク先をご覧下さい。

・八尾市肝炎ウイルス検診


より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

健康まちづくり部  保健センター
電話: 072-994-8480 ファックス: 072-996-1598

特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等についてへの別ルート