ページの先頭です

八尾の歴史!!河内木綿の暖簾(のれん)が八尾図書館入口に!

[2016年8月6日]

河内木綿の暖簾が八尾図書館入口にかかっています

河内木綿のポスター

8月5日から、八尾の伝統文化である河内木綿の暖簾(のれん)を八尾図書館1階ゲートにかけています。
この暖簾は、河内木綿藍染保存会(八尾市末広町)のご協力のもと、河内木綿文様を用いて作成されました。江戸時代後期から現代に伝わる河内木綿文様は、明るく、大きく、ゆったりとして、力強いと表現され、あっけらかんとした明るい河内人気質をあらわしているものです。今回、八尾図書館にかかっている暖簾の文様は、大牡丹に唐草をあしらったものです。河内地方では娘の嫁入りに文様の入った藍木綿で布団や箪笥(たんす)の油単(ゆたん)を作り持たせる風習があり、吉祥(きっしょう)文様といわれる鶴亀や牡丹、菊などが好まれ多く使用されてきました。

暖簾の展示写真

図書館ゲートの上のところにかかっています。河内木綿の色は、ジャパンブルーと呼ばれる美しい藍色です。八尾の一大産業として全国に名を知られた河内木綿の暖簾をぜひご覧ください。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市教育総務部八尾図書館

電話: 072-993-3606 ファックス: 072-923-2937

八尾図書館へのお問合せフォーム


八尾の歴史!!河内木綿の暖簾(のれん)が八尾図書館入口に!への別ルート