ページの先頭です

生活保護不正受給について

[2017年4月3日]

生活保護不正受給について

 生活保護費の不正受給は違法行為であるだけでなく、生活保護行政に対する市民の信頼を揺るがす許しがたい行為です。八尾市では不正受給事案に対しては厳格に対処し、生活保護行政の適正な運営に向けて取り組んでいます。

 生活保護の受給者は、給料・年金など何らかの収入があった時や世帯の生活状況が変わった時は福祉事務所に届出を行う義務があります。収入等の届出をせず不正に生活保護を受給した場合は、既に支給した生活保護費を返還していただきます。

 虚偽の届出を行うなど特に悪質な場合は刑事告訴などを含めた厳正な対応を行っています。


八尾市の悪質な不正受給者への対応

 逮捕等の状況
    平成23年6月:虚偽の賃貸借契約書提出による住宅扶助費の詐取により、不正受給者を告訴。
  【平成24年9月:大阪高裁判決  懲役1年6月】

    平成27年9月:就労収入未申告による生活保護費詐取で被害届を提出。
  【平成28年2月:大阪地裁判決  懲役3年 執行猶予5年】

    平成25年3月:虚偽の資料提出による生活保護費の詐取により、不正受給者を告訴。
  【平成28年9月:大阪地裁判決  懲役1年6月 執行猶予3年】

    平成25年3月:虚偽の資料提出による生活保護費の詐取により、不正受給者を告訴。
  【平成28年9月:大阪地裁判決  懲役1年6月 執行猶予3年】

 
告訴件数
  1件告訴中。(平成29年3月31日現在)
 


より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市地域福祉部生活福祉課

電話: 072-924-3836 ファックス: 072-924-5180

生活福祉課へのお問合せフォーム


生活保護不正受給についてへの別ルート