ページの先頭です

新築・増築・既存家屋の調査について

[2018年7月20日]

家屋調査のお願い

平成30年中に新築・増築した家屋は、平成31年度から固定資産税・都市計画税の対象となりますので、税額の根拠となる価格(評価額)を算出するために、家屋調査を実施いたします。
この調査は、固定資産評価補助員証を持った本市職員が訪問し、各部屋の内装や設備を確認・計測させていただく内部調査を行い、建築資料(図面・仕様書など)を確認させていただきます。
なお、既存家屋についても随時調査を行っておりますので、ご協力よろしくお願いいたします。


*家屋を取り壊した場合、登記家屋は滅失登記申請を法務局へ、未登記家屋は滅失届を市役所本館2階資産税課へ提出してください。
 届出がない場合は、滅失の取り扱いができないことがございますのでご注意ください。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市財政部資産税課

電話: 072-924-3823 ファックス: 072-924-8838

資産税課へのお問合せフォーム


新築・増築・既存家屋の調査についてへの別ルート