ページの先頭です

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合の対応等について

[2017年5月19日]

弾道ミサイル落下時の行動について

 昨今の情勢を踏まえ、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に、市民の皆さんに取っていただきたい行動についてお知らせします。

弾道ミサイル発射直後の情報伝達

 ○弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
 
 ○ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともに
     メッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

メッセージが流れた直後に取るべき行動
 
 【屋外にいる場合】
  ○近くのできるだけ頑丈な建物や地下に避難してください。
  
  ○近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

 【屋内にいる場合】
  ○できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。
 
行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください。
  
弾道ミサイル落下時の行動について(その1)(別ウインドウで開く)

弾道ミサイル落下時の行動について(その2)(別ウインドウで開く)

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A(別ウインドウで開く)

 
さらに詳しい情報については、「内閣官房国民保護ポータルサイト(別ウインドウで開く)」をご確認ください。

弾道ミサイル発射情報のメール配信について

 弾道ミサイル情報、緊急地震速報などの緊急情報は、消防庁から携帯大手事業者を経由して、エリアメール・緊急速報メールにより、携帯電話・スマートフォンに配信されます。
 使われている携帯電話・スマートフォンが、エリアメール・緊急速報メールを受信できるかどうかの確認手順等は、次のとおりですので、お知らせします。

 
 「エリアメール」・「緊急速報メール」サービスの利用について(別ウインドウで開く)

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について

Jアラートについて

 弾道ミサイル情報、津波警報、緊急地震速報等、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送信し、市町村防災行政無線(同報系)等を自動起動することにより、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。

Jアラート概要についてはこちら(別ウインドウで開く)

八尾市国民保護計画について

 八尾市では、武力攻撃や大規模テロ等といった事態が発生した場合に、住民の避難や救援等の国民保護措置が的確・迅速に実施できるよう八尾市国民保護計画を策定しています。

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

危機管理課
電話: 072-924-3953 ファックス: 072-924-3968

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合の対応等についてへの別ルート