ページの先頭です

金光八尾中学校・高等学校での選挙啓発について

[2017年5月19日]

生徒会役員選挙で本物を体験

平成29年5月9日(火)、私立 金光八尾中学校・高等学校(中原 敏博校長)で選挙啓発のための講演を行いました。
この日は、生徒会役員を選ぶための生徒会役員選挙があり、講演と投票を通じて選挙に関心を持ってもらおうと企画されたものでした。

同校では、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受け、今後の選挙に向けて生徒の選挙への意識を高める一環として、市の選挙管理委員会にも協力を仰いで実施すべく、準備が進められてきました。

当日は、選挙管理委員会を代表して、垣内 博美(かきうちひろみ)委員長が「選挙の意義」「一票の重さ」などの観点から選挙に行くことの重要性についてをわかりやすく解説し、特に、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを踏まえ、若者が積極的に政治や選挙にかかわることが如何に大事であるかを生徒たちに伝え、最後に「レッツゴー、投票!」と締めくくると生徒たちから拍手がおこりました。

続いて行われた投票では、選挙で使われている本物の選挙器材を使用。
生徒たちは「先生、これ本物やん!」「すごい!」など驚きの声を上げていました。

同校の生徒会担当 湯室 良介先生は「選挙権年齢が18歳に引き下げられ、高校3年生の一部が選挙権を得るにあたり、少しでも生徒達が選挙に行くことの意義を感じてくれれば」と話しておられました。

本物の選挙器材を使って生徒会役員選挙で投票する生徒のみなさん

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市選挙管理委員会事務局

電話: 072-924-3886 ファックス: 072-924-1031

選挙管理委員会事務局へのお問合せフォーム


金光八尾中学校・高等学校での選挙啓発についてへの別ルート