ページの先頭です

優しい光に包まれて

[2017年8月15日]

大聖勝軍寺で万灯会が開催

万灯会を楽しむ人々(1)

 聖徳太子ゆかりの寺として知られている大聖勝軍寺(だいしょうしょうぐんじ、太子堂3)で、諸霊の菩提を祈るため、絵や歌を書き添えた絵灯籠を本堂や境内に吊るして送り火供養を行う夏の伝統行事「万灯会」(まんとうえ)が行われました。この行事は毎年お盆の8月15日・16日の2日間で開催しています。

万灯会(正面から)

 万灯会は、室町時代から明治時代の初めまで催されていたものの、明治維新の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって途絶えていましたが、昭和45年に太子殿本堂の再建を機に復活しました。
 万灯会に使われている灯籠は、縦横約20cm・高さ約30cmの樹脂製の枠に、家内安全、無病息災などの言葉とともに、太子像や仏画、季節の花、風景画のほか、子どもに親しまれるキャラクターなどが描かれています。約1,000個の灯籠の絵は、檀家や地域の人たちが描いているもので、例年1年がかりで準備をしています。

万灯会(灯籠に描かれた風景画)

 午後6時過ぎ、境内一帯に並べられた灯籠に次々と火がともされると、描かれた絵が一層鮮やかに浮かび上がり、境内は幻想的な雰囲気に包まれました。訪れた多くの参拝客は、優しい光に包まれながら、先祖を偲び静かに手を合わせていました。
 参拝客の一人は「電灯とは違い、ゆらゆらとした光が美しく、心が穏やかになります」と話していました。

万灯会を楽しむ人々(2)
万灯会の風景(上から)
万灯会を楽しむ人々(3)

問合せ

大聖勝軍寺 TEL:072-922-3000

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市総務部市政情報課

電話: 072-924-3811 ファックス: 072-924-0135

市政情報課へのお問合せフォーム


優しい光に包まれてへの別ルート