ページの先頭です

歴史浪漫の世界にタイムスリップ

[2017年8月21日]

道鏡ゆかりの東弓削遺跡で新たな発見

遺跡全景

 道鏡ゆかりの由義寺(ゆげでら)の塔基壇が見つかり「幻の寺発見!」と大きな注目を集めた東弓削遺跡で、塔跡から北東約500mの地点において奈良時代から中世にかけての遺構が発掘されたことから、20日、現地説明会が開催されました。
 当日は、猛暑日にも関わらず、市内だけでなく他府県など市外からも多くの方が会場を訪れ、約600人の参加者が遺跡や出土品などを見学しました。

遺構

 今回の調査により、由義寺と同時に建設が進められた由義宮に関連する可能性の高い、正方位を意識した掘立柱建物など複数の柱跡が発見されました。
 また、幅が16~20m、深さが1m以上ある人工河川(大溝)跡も見つかっており、玉串川を分流して掘られたものであると考えられるとのことです。
 現地ではほかにも、刳舟(くりぶね)を転用した井戸跡などの奈良時代の遺構をはじめ、和同開珎や帯の金具などが発見されています。

出土品を見学する参加者

 調査を行った(公財)八尾市文化財調査研究会によると、今回の発掘で続日本紀(しょくにほんぎ)に「西京」と記録されながら実態のわかっていなかった由義宮の一端にふれる成果があったと考えられ、調査場所が由義宮の東限に近い場所であると推定されるとのことです。

 この日、遺跡を間近で見ようと訪れた人々は、担当者の説明に耳を傾け、遺構跡や出土品の展示をじっくりと見つめながら、歴史浪漫の世界に思いを馳せていました。

遺跡
遺跡全景
説明板を見る参加者
出土品の展示
遺構
出土品

問合せ

文化財課 電話  072-924-8555

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市総務部市政情報課

電話: 072-924-3811 ファックス: 072-924-0135

市政情報課へのお問合せフォーム


歴史浪漫の世界にタイムスリップへの別ルート