ページの先頭です

600年の歴史!歌い継がれる伝統の音頭

[2017年8月24日]

常光寺で地蔵盆踊りが開催

盆踊りを楽しむ様子(1)

 河内音頭の本場として知られ、日本三大地蔵のひとつ「八尾地蔵」の名でも古くから親しまれている常光寺(本町5)で、8月23日・24日の2日間、毎年恒例の地蔵盆踊りが行われました。

盆踊りを楽しむ様子(上からの写真)

 常光寺の盆踊りでは、河内音頭の原型ともいわれる「流し節」を聴くことができます。「流し節」は、物語を流れるように語ることからそう呼ばれ、その歴史は室町時代にまでさかのぼります。当時、荒廃が進んでいた同寺の再建のため、室町幕府の三代将軍・足利義光から寄進された木材が、旧大和川を通って運ばれる際に唄われた木遣り音頭が起源とされています。
 約600年歌い継がれているこの「流し節」は、河内に伝わる最古の音頭であり、太鼓だけを用いたゆるやかなリズムが特徴。また、それに合わせた素朴で優雅な踊りは現代の河内音頭とは異なる趣があります。環境省の「残したい日本の音風景100選」にも選ばれており、現在では常光寺でのみ聞くことができます。

盆踊りを楽しむ様子(2)

 盆踊り当日、会場周辺にはさまざまな種類の屋台が立ち並び、踊りが始まる前からすでに多くの人々でにぎわいを見せていました。そして午後7時、本堂前の境内で「流し節正調河内音頭」始まると、ゆったりとした曲のリズムに合わせて、櫓を囲んでいた踊りの輪は徐々に大きくなっていきました。最初は見ているだけだった人も、見よう見まねで加わり、テンポの速い「現代調新河内音頭」が始まる9時ごろには、その輪は3重にも4重にも広がり、小さな子どもからお年寄りまでみんな一緒になって踊りを楽しんでいました。
 参加した人は「会場も賑やかで、我を忘れるぐらい踊りを楽しめた」と話していました。

盆踊りを楽しむ様子(3)
音頭とり
盆踊りを楽しむ様子(4)
盆踊りを楽しむ様子(5)
盆踊りを楽しむ様子(6)
盆踊りを楽しむ様子(7)

問合せ

常光寺 TEL:072-922-7749

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市総務部市政情報課

電話: 072-924-3811 ファックス: 072-924-0135

市政情報課へのお問合せフォーム


600年の歴史!歌い継がれる伝統の音頭への別ルート