ページの先頭です

気象警報等の発表基準について(新)

[2017年11月1日]

気象警報等の発表基準について

特別警報及び八尾市の警報・注意報の発表基準は以下のとおりです。
大雨や台風接近の際は、テレビやラジオ等の災害情報を確認するとともに、不要な外出は控えてください。
詳細は、気象庁ホームページ(別ウインドウで開く)をご参照ください。

気象等に関する特別警報の発表基準

気象等に関する特別警報の発表基準
現象の種類基準
大雨台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予測され、若しくは、数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により大雨になると予測される場合
暴風数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により暴風が吹くと予測される場合
高潮高潮になると予測される場合
波浪高波になると予測される場合
暴風雪数十年に一度の強度の台風と同程度の温帯低気圧により雪を伴う暴風が吹くと予測される場合
大雪数十年に一度の降雪量となる大雪が予測される場合

雨を要因とする特別警報の指標

以下1又は2のいずれかを満たすと予想され、かつ、更に雨が降り続くと予想される場合に、大雨特別警報を発表します。
  1. 48時間降水量及び土壌雨量指数※1において、50年に一度の値以上となった5km格子が、共に府県程度の広がりの範囲内で50格子以上出現。
  2. 3時間降水量及び土壌雨量指数※1において、50年に一度の値以上となった5km格子が、共に府県程度の広がりの範囲内で10格子以上出現(ただし、3時間降水量が150mm※2以上となった格子のみをカウント対象とする)。
土壌雨量指数※1:降った雨が地下の土壌中に貯まっている状態を表す値。この値が大きいほど、土砂災害発生の危険性が高い。
3時間降水量150mm※2:1時間50mmの雨(滝のようにゴーゴー降る、非常に激しい雨)が3時間続くことに相当。
雨に関する50年に一度の値
地域          
50年に一度の値
都道府県府県予報区一次細分区域市町村等をまとめた区域二次細分区域48時間降水量(R48)3時間降水量(R03)土壌雨量指数(SWI)
大阪府大阪府大阪府東部大阪八尾市274116192
注1)略語の意味は右のとおり。R48:48時間降水量(mm)、R03:3時間降水量(mm)、SWI:土壌雨量指数(SoilWaterIndex)。
注2)「50年に一度の値」の欄の値は、各市町村にかかる5km格子の50年に一度の値の平均値をとったものである。
注3)R48、R03、SWIいずれについても、50年に一度の値は統計値であり、一の位の大小まで厳密に評価する意味は無い。
注4)特別警報は、府県程度の広がりで50年に一度の値となる現象を対象。個々の市町村で50年に一度の値となることのみで特別警報となるわけではないことに留意。
注5)特別警報の判定に用いるR03の値は、3時間降水量が150mm以上となった格子のみをカウント対象とする。

台風を要因とする特別警報の指標

台風等を要因とする特別警報の指標指標を以下のとおりとします。
  • 「伊勢湾台風」級(中心気圧930hPa以下又は最大風速50m/s以上)の台風や同程度の温帯低気圧が来襲する場合に、特別警報を発表します。ただし、沖縄地方、奄美地方及び小笠原諸島については、中心気圧910hPa以下又は最大風速60m/s以上とします。
台風については、指標となる中心気圧又は最大風速を保ったまま、中心が接近・通過すると予想される地域(予報円がかかる地域)における、大雨・暴風・高潮・波浪の警報を、特別警報として発表します。
温帯低気圧については、指標となる最大風速と同程度の風速が予想される地域における、大雨・暴風(雪を伴う場合は暴風雪)・高潮・波浪の警報を、特別警報として発表します。

警報・注意報発表基準一覧表

平成29年7月7日 現在発表官署 大阪管区気象台
警報・注意報発表基準一覧表
八尾市府県予報区大阪府
一次細分区域大阪府
市町村等をまとめた地域東部大阪
警報大雨       (浸水害)表面雨量指数基準20
          (土砂災害)土壌雨量指数基準127
 流域雨量指数基準楠根川流域=3.5
複合基準
指定河川洪水予報による基準大和川下流[柏原]
淀川水系寝屋川流域[寝屋川治水緑地(寝屋川水位)・京橋・昭明橋・恩智川治水緑地(恩智川水位)・住道・太子橋・剣橋・今里大橋・桑才・萱振大橋]
暴風平均風速20m/s
暴風雪平均風速20m/s 雪を伴う
大雪降雪の深さ平地 24時間降雪の深さ20cm
山地 24時間降雪の深さ40cm
波浪有義波高
高潮潮位
注意報大雨      表面雨量指針基準12
土壌雨量指数基準90
洪水流域雨量指数基準楠根川流域=2.5
複合基準平野川流域=(6,3.9)
恩智川流域=(10,3.2)
楠根川流域=(10,2.3)
指定河川洪水予報による基準大和川下流[柏原]
淀川水系寝屋川流域[寝屋川治水緑地(寝屋川水位)・京橋・昭明橋・恩智川治水緑地(恩智川水位)・住道・太子橋・剣橋・今里大橋・桑才・萱振大橋]
強風平均風速12m/s
風雪平均風速12m/s 雪を伴う
大雪降雪の深さ平地 24時間降雪の深さ5cm
山地 24時間降雪の深さ20cm
波浪有義波高 
高潮潮位 
落雷等により被害が予想される場合
融雪 
濃霧視程100m
乾燥最小湿度40%で実行湿度60%
なだれ(1)積雪の深さ20cm以上あり降雪の深さ30cm以上
(2)積雪の深さ50cm以上あり最高気温10℃以上またはかなりの降雨
低温最低気温‐5℃以下
4月15日以降の晩霜 最低気温4℃以下
着氷 
着雪24時間降雪の深さ:平地20cm以上 山地40cm以上
気温:-2℃~2℃
記録的短時間大雨情報1時間雨量100mm

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市危機管理課

電話: 072-924-3817 ファックス: 072-924-3968

危機管理課へのお問合せフォーム


気象警報等の発表基準について(新)への別ルート