ページの先頭です

避難所に女性の視点を

[2017年11月21日]

危機管理・防災講演会が開催

講師の多田さん

 女性などに配慮した防災対策を推進するため、21日(火)、八尾商工会議所で危機管理・防災講演会が開催され、市民や市職員など約110人が参加しました。

 今回の講演テーマは「みんなにやさしい防災術~茨木市の取り組みから~避難所に女性の視点を!!」。講師として招かれたのは、大阪府茨木市で初めて女性として防災担当部署の管理職を任された多田明世(あきよ)さん。現在も課長として在籍しており、自身も3人の子どもを持つ母親として、要支援者や子育て中の母親に配慮した防災対策の講演を数多く行っています。

参加者らの様子

 講演の初めに行われたのは、災害を日常の延長としてとらえるための演習。白紙の紙に、参加者らが食事や入浴など前日に行った日常生活の一部を書き出すと、講師は「災害時はそれらの全てができなくなる」と話し、次に、災害が起こった際に、家族などは無事の前提で、まず自分が何をするか、具体的な災害時の行動を想像してもらいました。そして参加者から「地域の人の救助に向かう」「世話をしている高齢者の様子を見る」などの意見を聞きながら、災害時に担う男女の役割の違いなどについて説明しました。
 その後は、茨木市の女性防災リーダー育成の取り組みなどにも触れ、「プライバシー確保が困難な避難所において、女性が少しでも安心して生活できるよう、日ごろから備えておくことが重要。育児や介護など、当事者でないと分からない問題も多いので、女性目線での意見をぜひ伝えてほしい」と防災において女性の視点の取り組みがいかに重要であるかを説明し、今日の話を地域や家族で共有し広めてもらいたいと、参加者に向けて思いを語りました。

問合せ

危機管理課 電話:072-924-9870

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市総務部市政情報課

電話: 072-924-3811 ファックス: 072-924-0135

市政情報課へのお問合せフォーム


避難所に女性の視点をへの別ルート