ページの先頭です

ロコモ予防体操教室

[2018年3月28日]

「ロコモ」とは

運動器の障がいのために移動機能の低下をきたした状態を「ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)」といいます。
進行すると介護が必要になるリスクが高くなります。

ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障がいが起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態で、進行すると日常生活にも支障が生じてきます。

いつまでも自分の足で歩き続けていくために、運動器を長持ちさせ、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが大切です。

ロコモ予防体操教室

平成29年度に実施する教室は終了しました。
平成30年度の開催日程や申込受付のご案内につきましては、決まり次第、このページに掲載するほか市政だよりにも掲載します。

ロコモ予防体操教室を開催しました(平成30年3月26日)

ロコモ予防体操教室のようす

春のうららかな日和となったこの日、事前にお申し込みいただいた83名の皆さんが「ロコモ予防体操教室」に参加されました。
講師からロコモに関するお話しを聞いたあと、早速、ストレッチから。ご自分の体力にあわせて少しずつ体をほぐしていきます。
ストレッチに続いて、いよいよロコモ予防に役立つ体操にチャレンジ。なじみのある音楽にあわせて身体を動かし、バランス感覚などを改善します。椅子に座って行う簡単な動きなのでご自宅でも実践できる体操です。
熱気あふれる2時間の教室を終えて心も身体もスッキリされた皆さんは笑顔で会場をあとにされました。

ロコモ予防体操教室のようす
ロコモ予防体操教室のようす
ロコモ予防体操教室のようす

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

地域福祉部 高齢介護課 地域支援室
電話: 072-924-3837 ファックス: 072-924-3981