ページの先頭です

八尾市制施行70周年・中核市移行記念式典が開催

[2018年4月1日]

まちは人 やおは人

式典の様子

 4月1日、本市の市制施行70周年と中核市への移行を記念し、文化会館で式典が開催されました。松井一郎大阪府知事をはじめ、大阪府市長会会長、大阪府市議会議長会副会長のほか、地元選出の国会議員、大阪府議会議員、商工会議所会頭、姉妹都市・友好都市・国内交流都市など多くの来賓や市民らが出席。70周年を祝うとともに、中核市としてスタートを切る本市のさらなる発展を誓いました。

 消防音楽隊のファンファーレで華々しく幕を開けた式典の第一部。市歌斉唱や市民憲章唱和の後、田中誠太市長はあいさつで「本日満70歳を迎えた本市は、中核市へ移行し、新たな第一歩を踏みだすこととなりました。この記念すべき日を新たな未来への出発点として、誰もが住み続けたい、住んでみたいと思えるまちの実現に取り組んでまいります」と決意を新たに式辞を述べ、中核市への事務引継書手交式では、約2000項目にもわたる事務が記載された引継書が、松井知事から田中市長に手渡されました。来賓のあいさつの後、田中市長より各種功労者へ表彰状が贈呈され、これまでの功績をたたえるとともに今後の活躍を祈念しました。

南曙川中学校吹奏楽部によるマーチング

 第二部では、「八尾が奏でる音色の継承」をテーマにさまざまな企画が行われました。オープニングでは、俳優の青木崇高さん、伝統河内音頭継承者の河内家菊水丸さん、歌手の天童よしみさん、映画監督の三池崇史さんら「八尾の魅力大使」から届いたビデオレターが放映され、故郷八尾への思いを市民に伝え、式典に華を添えました。次に、本市の魅力を市内外に発信していくための「八尾市シティプロモーション推進ロゴマーク」と八尾のええとこ発信しまくり隊「神エイト」メンバーの紹介に続き、次世代を担う子どもや若者を代表し、八尾市ダンス協会や山本高校ダンス部による華麗なダンス、曙川南中学校吹奏楽部による一糸乱れぬマーチング、八尾高校吹奏楽部による壮大な演奏が披露され、本市の新たな船出を市民とともに祝いながら、式は閉幕しました。

 なお、会場入口横では、本市広報が撮り溜めた市民の表情やイベントの様子を写真パネルで展示。式典の参加者らは「このイベント知ってる」「これは家の近くだね」などと話しながら見学していました。

引継書手交式の様子
神エイトメンバーの紹介
表彰状の授与
八尾市ダンス協会によるダンス
山本高校ダンス部によるダンス
八尾高校吹奏楽部による演奏

問合せ

総務課 電話: 072-924-3810

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市総務部市政情報課

電話: 072-924-3811 ファックス: 072-924-0135

市政情報課へのお問合せフォーム


八尾市制施行70周年・中核市移行記念式典が開催への別ルート