ページの先頭です

平成30年度助成金交付団体の決定

[2018年7月31日]

平成30年度 八尾市地域福祉推進基金事業助成金交付団体が決定しました。

 地域福祉推進基金事業助成金は、地域福祉推進基金を活用し、市民の皆さんの福祉意識の向上と障がい福祉意識の向上に寄与する事業に対し、助成を行い支援するものです。
 平成30年度については9団体から申請があり、平成30年7月10日(火)に審査会を実施し、下記のとおり9事業に助成・支援することが決定しました。

助成事業一覧

「平成30年度八尾市地域福祉推進基金事業助成金」
事業名団体名代表者事業の目的、内容助成金額
いきいき手作りサロンいきいき手作りサロン西岡 多津子家の中にひきこもらず、地域住民と共に季節を感じる作品を作りながら、会話や情報交換・地域住民の世代間交流を行い、老化・認知症の予防啓発につなげる。49,153
ラ・ラ・ラ クラブ八尾市肢体不自由児者父母の会木本 敏行重度障がい児者や保護者が自立し、心豊かな社会生活をすごせるよう、障がい福祉の理解啓発を促進する。40,000
要約筆記普及を推進するための講演会やおに要約筆記を広めよう会出本 千登勢聴覚障がい者に対する理解と要約筆記の必要性についての理解を深め、要約筆記利用の充実と担い手の確保を目的とする。50,000
八尾市民に手話に触れ合ってもらうための講演飛鳥の会藤本 卓手話に関する知識を広げるとともに、手話通訳ができる人材の発掘及び育成を目的とする。48,000
いきいきシニア養成支援事業高齢者支援ネットワーク連絡会安木 三喜男地域でシニアがいきいきと生活し、地域住民との助け合い・絆を深めるための地域貢献活動するいきいきシニアを養成する。196,200
安心して歩ける歩道騎士の会阪本 美津雄歩道を歩く移動弱者(障がい者・高齢者・子ども等)に対する自転車運転者の恐怖感と実際に危険であることを当事者が訴え、自転車のマナーアップを啓発し、安心して歩ける歩道を実現する。296,328
世代間交流地域福祉にぎわいまちづくり事業八尾市民健康・コミュニティー創造クラブ柏木 順子障がい者、高齢者、子ども等、世代間に壁のない参加により、「ともに」交流、笑いとともに、健康づくり、コミュニティを育み心身リフレッシュを図る。また、障がい者福祉の啓発を図る。235,000
「がん家族の保健室」定期がん患者家族支援相談会がん患者さんの看病をしている人のサポート協会酒井 多恵子がん患者家族が一人で悩まず前向きになることや、家族にゆとりを持ってもらうために支援をする。また、八尾市民が八尾市のがん医療への安心感をもってもらう事業を展開する。139,000
障がいのある幼児・児童を療育するスタッフ育成研修発達障がいの会 八尾大橋 一予発達障がいに関する専門的な療育や支援ができる人材の育成を図る。678,460

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市地域福祉部地域福祉政策課

電話: 072-924-3835 ファックス: 072-922-3786

地域福祉政策課へのお問合せフォーム


平成30年度助成金交付団体の決定への別ルート