ページの先頭です

いざという時のために、日ごろから準備を

[2018年8月26日]

~大正コミセン・若林第2公園で総合防災訓練が行われました~

集中豪雨体験の様子

 防災関係機関の連携や防災体制の確立・強化、市民の防災意識の高揚を図ることを目的に、26日、大正コミセン・若林第2公園(若林町3)で総合防災訓練が行われました。
 
 今回の訓練は、地域住民や住民らで結成した自主防災組織、地元消防団、防災関係機関の関係者など約400人が参加。午前9時に大正小学校区と大正北小学校区の防災行政無線から避難訓練案内の放送が流れると、地域住民らは互いに声を掛け合い、協力しながら、訓練会場に向かいました。

消防団による水防工法訓練の様子

 地域住民による避難訓練が終了した後、会場には、水中歩行体験や水没ドア開閉体験、集中豪雨体験など平常時では経験できないようなブースが設置され、参加者は水災害の恐ろしさだけでなく、早めに避難することの大切さなどを、身をもって体験していました。そのほかにも給水訓練や炊き出し訓練、防災関係機関による展示ブース、大和川河川事務所による防災講演会なども行われ、参加者はさまざまな角度から防災について体験・学習していました。

ドローンの展示訓練の様子

 午前11時からは、消防団と大和川右岸水防事務組合による水防工法訓練が行われました。訓練では、水災害時に水を塞き止める2つの工法が披露され、訓練された機敏な動きに参加者からは驚きの声が上がっていました。また、最後には今年度から消防署に導入されたドローンの展示訓練が行われ、災害時の現場確認などの情報収集に使われる最新鋭のドローンが披露されました。

 今回の訓練に参加した一人は「さまざまな防災に関する体験・学習ができ、とても有意義だった。いざという時のために、素早く行動できるよう日ごろから準備しておきたい」と話していました。

消防署による展示ブース
消防団による水防工法訓練の様子

問合せ

危機管理課 電話:072-924-9870

より良いホームページにするため、アンケートにご協力ください

なお、この欄からのご意見・お問合せには返信することができませんのでご了承ください。
回答が必要なご意見・お問合せは「ご意見・お問合せ(別ウィンドウが開きます)」ページよりお願いします。

1.このページは分かりやすかったですか?

お問合せ

八尾市総務部市政情報課

電話: 072-924-3811 ファックス: 072-924-0135

市政情報課へのお問合せフォーム


いざという時のために、日ごろから準備をへの別ルート