ページの先頭です

まちの話題

  • 古墳で、春を楽しもう [2018年4月13日]

    中河内最大の前方後円墳である心合寺山(しおんじやま)古墳(大竹5)にある桐の木が薄紫の優雅な花を咲かせ、訪れた人の目を楽しませています。

  • みんなで作ろう!カブトムシのおうち [2018年4月8日]

     地域住民の憩いの場である公園で生き物を育てることで、世代間交流や地域住民同士のつながりを深めようと、4月8日、北山本第2公園内(山本町北7)で、カブトムシを飼育するための小屋が製作されました。この取り組みは、地域住民の団体「若人(わこうど)の会」(松本剛[つよし]会長)が発案し、北山本まちづくり協議会・地元のこども会である「コスモスこども会」・北山本福祉委員会の協力を得て行われたものです。

  • 女性が輝き、活躍するために [2018年4月5日]

    5日(木)、市立くらし学習館で「働く女性の活躍に期待するもの」をテーマに、女性教育講演会が開催されました。

  • 八尾市制施行70周年・中核市移行記念式典が開催 [2018年4月1日]

    4月1日、本市の市制施行70周年と中核市への移行を記念し、文化会館で式典が開催されました。松井一郎大阪府知事をはじめ、大阪府市長会会長、大阪府市議会議長会副会長のほか、地元選出の国会議員、大阪府議会議員、商工会議所会頭、姉妹都市・友好都市・国内交流都市など多くの来賓や市民らが出席。70周年を祝うとともに、中核市としてスタートを切る本市のさらなる発展を誓いました。

  • 市内の桜の開花状況 [2018年3月28日]

    市内の桜の開花状況です。

  • 市内の桜の開花状況 [2018年3月23日]

    市内の桜の開花状況です。

  • 春告げる「八尾若ごぼう」 [2018年3月23日]

     平成25年8月に特許庁から「地域団体商標登録」の認可を受けたブランド野菜「八尾若ごぼう」の出荷が最盛期を迎えています。

  • 7&iグループ3社と「地域活性化包括連携協定」を締結 [2018年3月16日]

    八尾市と株式会社イトーヨーカ堂、株式会社セブン&アイ・クリエイトリンク、株式会社セブン‐イレブン・ジャパンは『地域活性化包括連携協定』を締結しました。

  • 防火・防災について体験から学ぼう [2018年3月4日]

    3月1日から7日の「春の全国火災予防運動週間」にあわせて、さまざまなことを学習・体験しながら防火・防災の意識を高めてもらうために、4日、南木の本防災公園・防災体育館で、「防火・防災フェア」が開催されました。

  • ワクワクドキドキ!小学校生活への期待に胸膨らむ [2018年2月21日]

     市内の小学校で21日、この春に小学校入学を迎える子どもたちが、一足早く小学校生活を体験しました。

  • 地元農家が若ごぼうの魅力を子どもたちに伝える [2018年2月20日]

     市の特産・八尾若ごぼうを身近な野菜として子どもたちに知ってもらおうと、20日、末広保育所の園児23人が都塚にある農園で掘り取り体験を行いました。

  • 八尾が誇るものづくりの力 [2018年2月15日]

    地域経済振興に大きな功績のあった11者に対し、2月15日、顕彰状の授与式が行われ、田中誠太八尾市長より顕彰状が授与されました。

  • 鬼をはらって、福よこい! [2018年2月3日]

    鬼を退治することで1年の無病息災を願う節分の伝統行事「鬼追い式(追儺式、ついなしき)」が、3日午後7時30分から八尾天満宮(本町4、菅尾龍太宮司)で開催されました。

  • 自分らしく輝きたい女性を応援 [2018年2月3日]

    “働きたい”“何か始めたい”と思っている女性が自分らしく輝くための「きっかけ」「勇気」「道筋」をつかめるよう、就労、スキルアップ、相談などの機会を一堂に集めた催し「八尾市きらめき応援フェスタ」が、3日(土)、文化会館で開催されました。

  • なくそう子どもの交通事故! [2018年1月26日]

    八尾市こども交通安全クラブ連合会(小林俊王会長)が、子どもたちの交通安全意識を高めようと、八尾交通安全協会、八尾警察署、八尾市の協力で交通安全キャラバン隊を編成し、17日に市役所で出発式を、25日と26日には市内5ヶ所の幼稚園を訪れ、交通安全の啓発を行いました。

  • 力いっぱい「よいしょ!よいしょ!」 [2018年1月12日]

    八尾市立安中老人福祉センターで、世代間交流もちつき大会が開催され、安中地区高齢クラブ会員と安中幼稚園の園児が参加しました。

  • 玉祖神社のスイセンが見ごろ! [2018年1月12日]

     大阪平野が見渡せる玉祖神社(神立5)近くの傾斜地で、斜面いっぱいに広がったスイセンが見ごろを迎えました。

  • 感謝を胸に大人への一歩! [2018年1月8日]

     8日、第65回八尾市成人式が総合体育館で開催されました。主催は八尾市・八尾市教育委員会。

  • 防火・防災に対する決意を新たに [2018年1月8日]

     消防職員・団員の士気を高めることを目的に、大阪府中部広域防災拠点(空港1)で8日、新年の恒例行事である消防出初式が行われ、消防職員・団員計402人が参加しました。

  • 玉祖神社近くのスイセンが咲き始めました! [2017年12月27日]

     大阪平野が見渡せる玉祖神社(神立5)近くの傾斜地で、斜面いっぱいに広がったスイセンが見ごろを迎えました。

  • 小粋なフラワーアレンジで華やかな新年を [2017年12月26日]

     自分でアレンジした花を飾って華やかに新年を迎えようと、「小粋な迎春フラワーアレンジ教室」が12月26日(火)公園管理事務所(本町第2公園内)で開催されました。

  • 一足早いクリスマスプレゼント [2017年12月22日]

    障がい者及び障がい児への支援に役立ててほしいと、食品スーパーマーケット経営企業からクリスマスケーキ175個、みかん175箱が寄贈され、田中市長が感謝状を贈呈されました。

  • 高校生が書道パフォーマンスを披露 [2017年12月15日]

     「龍華の今年の漢字」が15日、龍華コミュニティセンターで発表され、「命」に決まりました。府立八尾高等学校の書道部が大きな筆で全身をダイナミックに使いながら書き上げる「書道パフォーマンス」で披露。

  • プロバスケットボールチーム大阪エヴェッサの木下選手が市長表敬 [2017年12月14日]

     12月14日、プロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」が、市内の小学4~6年生にホームゲームチケット7300枚を寄贈し、田中市長から感謝状を贈呈されました。

  • 音楽でつなぐ地域のきずな [2017年12月9日]

     12月9日、地域の世代間交流を深めることを目的に、山本コミセンで、東中学校音楽部が地域の一人暮らしの高齢者を対象に演奏会を行いました。

  • みんなで元気に「火の用心!」 [2017年12月4日]

     認定こども園さくら保育園の園児らが、揃いのはっぴ姿で園の周辺を練り歩き「火の用心」を呼び掛ける「歳末防火呼び掛け」を行いました。

  • 避難所に女性の視点を [2017年11月21日]

     女性などに配慮した防災対策を推進するため、21日(火)、八尾商工会議所で危機管理・防災講演会が開催されました。市民や市役所職員など約110人が参加しました。

  • 楽しみながら人権について考えよう [2017年11月18日]

     市民と市の協働による、楽しみながら人権について学ぶことができる催し「ひゅーまんフェスタ2017」が、11月17日・18日、文化会館で開催されました。

  • 商品の内容量、正しく表示されていますか? [2017年11月14日]

     食料品など日常の生活にかかせない商品の内容量(量目)が適正であるかなどをチェックする商品量目調査が、11月14日、くらし学習館で八尾市消費問題研究会(角田禮子会長)の会員らにより実施されました。

  • みんなで楽しむ文化祭! [2017年11月11日]

    本市最大の文化行事であり、市民の文化祭として親しまれている「第64回八尾市文化芸術芸能祭2017」が、11月5日から12日にかけて文化会館で開催され、期間中の来場者は約2万人にも上りました。

  • 心を一つに!スポーツでつなぐ地域の絆 [2017年11月5日]

    美園小学校で「第44回 美園地区市民スポーツ祭」が開催されました。

  • 新年のご挨拶は八尾オリジナル年賀はがきで! [2017年11月1日]

     11月1日、観光案内所(北本町2)で「八尾市観光協会オリジナル年賀はがき」の販売が開始され、買い求める人の列ができるなど好調なスタートを切っています。

  • 八尾メダルを手に入れろ! [2017年10月28日]

     28日、久宝寺寺内町で子どもからの「八尾の特産品や八尾の特徴のあるものをメダルにした、メダル探しをしたい」という提案を実現する企画『謎解きメダル探し』が行われた。

  • みんなでエコを体感しよう! [2017年10月22日]

    アリオ八尾店と大阪経済法科大学 花岡キャンパスの2会場で、楽しみながら八尾の自然環境や文化・歴史について学ぶことのできる、いきいき八尾環境フェスティバルが開催されました。

  • 自分で自分を守るために [2017年10月21日]

     例年10月11日から20日の10日間、全国各地で行われている「全国地域安全運動」の一環として、21日、アリオ八尾(光町2)で「八尾市民のつどい」が開催されました(主催:八尾防犯協議会、八尾市、八尾警察署)。

  • 大はしゃぎの子どもたち [2017年10月18日]

     「アクトランドYAO体育館であそぼう!」が、18日(水)午前10時、市立大畑山青少年野外活動センター(アクトランドYAO)体育館で行われました。

  • 長生きの秘訣は「よく食べて、よく寝ること」 [2017年9月27日]

     高齢者保健福祉月間にあたる今月の27日、田中誠太八尾市長が本市在住で市内最高齢者の橋本キヌヱさんを訪問し、長寿を祝いました。

  • 野菜や乾物で作ったミニオンズ [2017年9月24日]

    「八尾木民芸つくりもん祭り」が9月23日(祝)・24日(日)の2日間、八尾市の八尾木地区で開催されました。

  • みんなで楽しくお話し会 [2017年9月15日]

    9月15日、龍華コミセンにて、3歳児以下とその保護者を対象に「まめっこおはなし会」が開催されました。主催は龍華コミセン運営協議会。

  • 世界最多人数の盆踊り ギネス世界記録達成! [2017年9月10日]

    河内音頭の本場・八尾の夏を飾る恒例の「第40回八尾河内音頭まつり」が、9月9日(土)・10日(日)の2日間にわたり、久宝寺緑地で開催されました。

  • ほのかな明かりに誘われて [2017年9月10日]

    約470年の歴史ある町並みを燈籠の光が幽玄に映し出す「久宝寺寺内町燈路まつり」が9月10日、八尾市まちなみセンター(久宝寺3)をはさむ南北2筋とその周辺道路など約1kmにわたって行われました。主催は、久宝寺寺内町まちづくり推進協議会。

  • 音楽と笑顔のプレゼント [2017年8月28日]

     8月28日、地域の世代間交流を深めるため、亀井中学校吹奏楽部の生徒が、高齢者福祉施設「デイサービスすずらん」を訪問し、演奏会を行いました。

  • 600年の歴史!歌い継がれる伝統の音頭 [2017年8月24日]

     河内音頭の本場として知られ、日本三大地蔵のひとつ「八尾地蔵」の名でも古くから親しまれている常光寺で、8月23日・24日の2日間、毎年恒例の地蔵盆踊りが行われました。

  • 歴史浪漫の世界にタイムスリップ [2017年8月21日]

    道鏡ゆかりの東弓削遺跡で奈良時代の遺構が発見され、現地説明会が行われました。

  • 優しい光に包まれて [2017年8月15日]

    大聖勝軍寺で、諸霊の菩提を祈るため、絵や歌を書き添えた絵灯籠を本堂や境内に吊るして送り火供養を行う夏の伝統行事「万灯会」(まんとうえ)が行われました。

  • 夢に向かってシュート! [2017年8月6日]

     プロバスケットボール選手と一緒にプレーすることで小学生に夢を与え、バスケットボールが八尾でさらに盛り上がるよう、6日、高美南小学校で「八尾バスケ祭り」が初めて開催されました。

  • みんなで進める 消費者教育 [2017年8月3日]

     消費者の視点で環境にやさしく健康で安全・安心な地域社会づくりについて考える「2017消費者大会~健康で安全・安心なくらしを求めて~」が3日、八尾市文化会館(光町2)で開催されました。

  • 太鼓の音、恩智のまちに響け! [2017年8月1日]

    八尾の夏の風物詩「恩智まつり」が、8月1日に恩智神社(恩智中町5)とその周辺で行われました。

  • 夏をお届け! 障がい者・障がい児へスイカのおくりもの [2017年7月20日]

    障がい者及び障がい児への支援に役立てて欲しいと、食品スーパーマーケット経営企業からスイカ172玉が八尾市に寄附され、田中市長が感謝状を贈りました。

  • 勇壮!布団太鼓の八尾の夏! [2017年7月16日]

    八尾の夏の風物詩の一つ「高安祭り」として知られる玉祖神社(神立5)の夏祭りが、7月15日・16日の2日間にわたって行われ、重さ約1.5~2トンもある布団太鼓5台が豪快に練り歩きました。

  • 今が旬!「八尾えだまめ」 [2017年7月6日]

    夏の旬の食材の1つであるえだまめ。大きく張った実とたっぷりの甘みが特徴の特産「八尾えだまめ」の出荷が最盛期を迎え、市内の農家では旬の食材を多くの人に届けようと、現在、収穫や出荷作業に追われています。

  • 世界一に向け河内音頭をPR! [2017年7月2日]

    ファミリーロード商店街・城正会で河内音頭パレードが開催されました。

  • 小学生が地元農家と田植え体験! [2017年6月23日]

     お米作りを通じて農業や自然、食への関心を深めることを目的に、23日、上之島小学校(加藤賢一校長、児童数321人)の5年生52人が、地元農家ら協力のもと田植え体験を行いました。

  • 講談とのこぎり音楽が異色のコラボレーション! [2017年6月18日]

     本市出身の講談師・旭堂小南陵(きょくどうこなんりょう)さんとのこぎり奏者Andre(アンドレ)さんの平成28年度八尾市文化新人賞同時受賞を記念するとともに、市の魅力発信と市民の文化・芸術意識の高揚を目的に、18日、安中新田会所跡旧植田家住宅で、講談とのこぎり音楽を楽しむ「旧家で芸能・伝統文化」が開催されました。

  • 宮川彬良さんが高校生に吹奏楽指導! [2017年6月15日]

    作曲家・舞台音楽家でOsaka Shion Wind Orchestraの音楽監督である宮川彬良さんが15日、府立八尾高等学校を訪れ、同校の吹奏楽部62人を指導しました。

  • 今が見ごろ!300メートル続くアジサイ通り [2017年6月9日]

    長瀬川沿道のアジサイが見ごろを迎えています。今年は例年に比べると、小ぶりですが、青や紫、ピンクなど色とりどりの花が約300メートルにわたって咲いています。

  • 食の安心・安全をチェック! [2017年6月5日]

    食中毒の危険性が高まる梅雨時を前に、5日食料品の衛生管理や、賞味期限・原産地の表示などをチェックしようと、主婦らで組織する八尾市消費問題研究会(角田禮子会長)が、市内のスーパーなどで食品衛生パトロールを行いました。

  • 大きな体育館で思いっきりはしゃごう! [2017年5月18日]

     大きな場所で子どもたちが目いっぱい遊べるよう、18日、大阪府中部広域防災拠点(空港1)で「防災拠点で遊ぼう!!」が開催されました。このイベントは、西郡保育所・山本南保育所・安中保育所内にある地域子育て支援センター「元気っ子くらぶ」が子育て支援の一環として毎年開催されており、今年で14回目になります。

  • 健康増進コーナーがオープン!! [2017年5月16日]

    5月16日、生涯学習センター2階に「健康増進コーナー」がオープンしました。健康増進コーナーは、市民の健康増進を図る事業を提供する場として、2つのスタジオ、有酸素運動コーナー、健康チェックコーナーからなり、気軽に身体を動かすことで運動の習慣が身につけられるだけでなく、健康に関する知識も学ぶことができます。

  • 子どもたちの未来のために [2017年5月11日]

    11日、本市の姉妹都市であるベルビュー市(アメリカ合衆国ワシントン州)から、親善訪問団が来市し、国際感覚の豊かな人材の育成と相互理解を目的に、美園小学校、三和歯ブラシ工業所の視察、八尾市役所表敬訪問などを行いました。

  • 咲き誇る色鮮やかな大輪「シャクヤク」が見ごろ! [2017年5月10日]

    府営久宝寺緑地(西久宝寺3)のシャクヤク園では、約2,300平方メートルの敷地に48種類、約1,600株(約50,000輪)のシャクヤクが見ごろを迎え、赤やピンク、黄、白などの色鮮やかな大輪を咲かせ、来園者の目を楽しませています。

  • 常光寺で大般若会が行われる [2017年4月30日]

    4月30日に八尾の常光寺で大般若会が行われました。
    境内に作られた回廊を赤・青鬼、閻魔(えんま)大王、地蔵菩薩、稚児などが練り歩き、家内安全や町内繁盛を願いました。

  • 学生が地域防災の次世代の担い手に! [2017年4月29日]

     災害時に地域で率先して活動を行う地域防災の次世代の担い手を育成することを目的に、4月29日、大阪経済法科大学・花岡キャンパス(楽音寺6)で「消防支援ボランティア講習」が行われました。

  • 鯉とこいのぼりの競演 [2017年4月28日]

    市内東部を流れる恩智川で、「恩智川こいのぼりフェスティバル」が開催され、約60匹のこいのぼりが風を受けて元気に泳いでいます。

  • 善意でつなぐ「春の助け合いバザール」を開催 [2017年4月27日]

    「春の助け合いバザール」が八尾市女性団体連合会・NPO法人関西消費者連合会主催(いずれも角田禮子会長)により、くらし学習館で開催されました。