ページの先頭です

まちの話題

  • 地域の力で災害対策! [2017年3月19日]

     万が一の災害に備えようと、刑部小学校で防災訓練・減災体験が行われ、地域住民約200人が参加しました。

  • 食卓に春をお届け!「八尾若ごぼう」 [2017年3月16日]

    平成25年8月に特許庁から「地域団体商標登録」の認可を受けたブランド野菜「八尾若ごぼう」の出荷が最盛期を迎えています。

  • ラグビーをより身近なスポーツに! [2017年2月26日]

     小さいころからラグビーボールに触れることで、子どもたちにラグビーを身近に感じてもらうことを目的に、26日、南木の本防災公園でラグビー体験教室が開催されました。

  • 八尾からお茶の水博士を育てよう! [2017年2月20日]

    八尾で将来の技術者やものづくりに携わる人材を育成しようと、「八尾ロボットフェア2017」が、18日(土)、アリオ八尾で開催されました。主催は、市内の中小ものづくり企業約30社等で構成される異業種交流グループ「八尾経営・技術交流会(マテック八尾)」

  • 赤ちゃんに学ぶ!子育ての秘訣 [2017年2月19日]

     19日、八尾市子育て世帯支援事業の一環として「赤ちゃん先生プロジェクト」が文化会館で開催されました。主催は赤ちゃん先生プロジェクト阪神北校。

  • 八尾が誇るものづくりの力 [2017年2月15日]

    地域経済振興に大きな功績のあった6者に対し、2月15日、顕彰状の授与式が行われ、田中誠太八尾市長より顕彰状が授与されました。

  • 鬼をはらって、福よこい! [2017年2月3日]

    鬼を退治することで1年の無病息災を願う節分の伝統行事「鬼追い式(追儺式、ついなしき)」が、3日午後7時30分から八尾天満宮(本町4、菅尾龍太宮司)で開催されました。

  • こどもたちの夢を乗せて、ロケット大空へ! [2017年1月23日]

    こどもの声を生かしたまちづくりを進める一環として行われている「八尾っ子元気・やる気アップ提案事業」として、こどもたちから応募のあった「八尾からロケットを飛ばしたい」という提案を実現する企画『ロケット大作戦』が、21日に南木の本防災公園で行われ、市内の小中学生47人が本格的なモデルロケットの組み立て・打ち上げを体験した。

  • なくそう子どもの交通事故! [2017年1月13日]

    八尾市母と子の交通安全クラブ連合会は、子どもたちの交通安全意識を高めようと、八尾警察署、八尾交通安全協会、市の協力で交通安全キャラバン隊を編成し、出発式を市役所で行いました。

  • 「女性が輝くまち八尾」をめざして [2017年1月13日]

     13日、八尾商工会議所会館(清水町1)で「女性の職業生活における活躍推進シンポジウム」が開催されました。主催は八尾市。

  • 誰もが安心・安全に暮らせるまちへ [2017年1月9日]

    消防職員・団員の士気を高めるとともに、消防車両の装備や救助技術を披露して、市民の信頼と防災への理解を得ることを目的に、大阪府中部広域防災拠点(空港1)で9日、新年の恒例行事である消防出初式が行われ、職員・団員をはじめ、自主防災組織、自衛消防隊、幼年消防クラブの園児らを含む総勢約930人が参加しました。

  • 祝!新成人2,848人の門出 [2017年1月9日]

     9日、第64回八尾市成人式が総合体育館で開催された。主催は八尾市・八尾市教育委員会。

  • 福を祈願!八尾の「えべっさん」 [2017年1月7日]

    八尾の新春行事として市民に親しまれている「八日戎」が、7日・8日の2日間、八尾天満宮内にある八尾戎神社で行われました。

  • 八尾・東大阪の美術家たちの力作が集結! [2017年1月6日]

     八尾市・東大阪市在住の美術家約100人による作品展「河内100人展」が、西武八尾店(光町2)で5日から16日まで開催されました。主催は河内100人展実行委員会ほか、後援は八尾市・八尾市教育委員会ほか。

  • 玉祖神社近くのスイセンが見ごろを迎える! [2017年1月5日]

     大阪平野が見渡せる玉祖神社(神立5)近くの傾斜地で、斜面いっぱいに広がったスイセンが見ごろを迎えました。

  • 一足早いクリスマスプレゼント [2016年12月22日]

    障がい者らの支援に役立てて欲しいと、市内の食品会社からクリスマスケーキ158個と
    みかん158箱が八尾市に寄付され、田中市長が会社に感謝状を贈りました。

  • お正月準備はバッチリ! [2016年12月8日]

    8日、安中保育所(安中町8)で、子どもたちに正月の伝統行事を体験してもらうことを目的にもちつきのイベントが行われました。

  • 大きな声で「火の用心!」 [2016年12月6日]

    6日、私立あひる保育園(八尾木北2)の年長クラス55人が、揃いのはっぴ姿で保育園の周辺を練り歩き「火の用心」を呼び掛ける「歳末防火呼び掛け」を行いました。

  • 食の安全を厳しくチェック! [2016年12月5日]

     年末年始の商品がたくさん出回る時期に、食料品の衛生管理や、賞味期限・原産地の表示などをチェックしようと、主婦らで組織する八尾市消費問題研究会が、市内のスーパーなどで食品衛生パトロールを行いました。

  • 圧巻!巨大クレーンで5tのごみをわしづかみ! [2016年12月4日]

     家庭などから出るごみがどのように処理されるのかを広く市民に知ってもらうことで、ごみの減量・再資源化の意識を高めてもらおうと、12月4日、大阪市・八尾市・松原市環境施設組合 八尾工場(上尾町7)で「八尾工場オープンデー」が開催されました。

  • みんなで学ぼう、みんなの人権 [2016年11月18日]

    市民と市の協働による、楽しみながら人権について学ぶことができる催し「ひゅーまんフェスタ2016」が、11月18日・19日、文化会館で開催されました。

  • 親子で体をいっぱい動かして遊ぼう! [2016年11月17日]

    1歳~就学前児とその保護者を対象とした「元気っ子運動会」が、市立総合体育館ウイングで行われ、体操や駆けっこなど、親子で爽やかな汗を流しました。

  • 芸術の秋!日ごろの成果を存分に発揮! [2016年11月12日]

    本市最大の文化行事であり、市民の文化祭として親しまれている「第63回八尾市文化芸術芸能祭2016」が、11月6日から13日にかけて文化会館で開催され、期間中の来場者は約2万人にも上りました。

  • 体験!緊張の生放送 [2016年11月9日]

    実際の職場で、働くことや働く人と接することを経験し、喜びや苦労、マナーなどについて様々な知識を深め、自らの将来や進路について考える力を養うことを目的に、久宝寺中学校と高安中学校の2年生が、8日・9日の2日間にわたり職業体験学習を行いました。

  • つくって 遊んで エコ活動! [2016年10月23日]

    23日、西武八尾店とアリオ八尾店、大阪経済法科大学 花岡キャンパスの3会場で、楽しみながら八尾の自然環境や文化・歴史について学ぶことのできる、いきいき八尾環境フェスティバルが開催されました。

  • ごみを拾って、まちだけでなく心もきれいに [2016年10月18日]

     市民一人ひとりの美化意識を向上させて、ごみや不法屋外広告物のないきれいなまちをめざそうと、18日、近鉄八尾駅周辺で清掃活動や路上喫煙マナー向上の啓発を行う「クリーンキャンペーン」が行われ、市民や市内企業の社員ら約200人が参加した(主催:八尾をきれいにする運動推進本部)。

  • 幽玄の世界にいざなう [2016年10月15日]

     伝統文化である能楽と八尾市の高安地域との深い関わりを伝えようと、玉祖神社で「高安薪能」の上演が行われました。

  • 一人ひとりの意識が大事! [2016年10月11日]

    例年10月11日から20日の10日間、全国各地で行われている「全国地域安全運動」の一環として、11日、アリオ八尾(光町2)で「八尾市民のつどい」が開催されました(主催:八尾防犯協議会、八尾市、八尾警察署)。

  • スポーツがつなぐ地域の絆 [2016年10月10日]

     秋空の下、地域住民の親睦を深める一大行事「地区市民スポーツ祭」が市内各所で開催され、会場となった小・中学校のグラウンドには、子どもから大人まで多くの人が集まりました。

  • 111歳!!長寿の秘訣 [2016年9月29日]

     高齢者保健福祉月間にあたる今月の29日、田中誠太八尾市長が本市在住で府内最高齢者の西浦ヱツさんを訪問し、長寿を祝いました。

  • みんなで守ろう、交通ルール [2016年9月25日]

    アリオ八尾レッドコートで行われた交通安全“市民の集い”で、一日警察署長として招かれたOSK日本歌劇団の悠浦(ゆうら)あやとさんによる交通安全トークショーが行われました

  • 熊本のあの有名キャラクターを農作物で作製! [2016年9月25日]

     その年に収穫した農作物で人形などを形づくり、家内安全と豊作を祈願する伝統行事「八尾木民芸つくりもん祭り」が9月24日(土)・25(日)の2日間、八尾市の八尾木地区で行われました。

  • 今年も大盛況!河内音頭で締めくくる、八尾の夏 [2016年9月11日]

    河内音頭の本場・八尾の夏を飾る市内最大のイベント「第39回八尾河内音頭まつり」が、9月11日(日)、久宝寺緑地(西久宝寺323)で開催され、約6万7500人が来場しました。主催は、八尾河内音頭まつり振興会(会長:中西啓詞 八尾商工会議所会頭)。

  • 幾多の燈籠がまちを照らす [2016年9月11日]

    450年の歴史ある町並みを燈籠の光が幽玄に映し出す「久宝寺寺内町燈路まつり」が9月11日、まちなみセンターを挟む南北2筋とその周辺道路など約1kmにわたって行われました。主催は、久宝寺寺内町まちづくり推進協議会。

  • 確かな知識で命を守る!八尾市総合防災訓練を開催 [2016年9月4日]

     防災関係機関の連携や防災体制の確立・強化、市民の防災意識の高揚を図ることを目的として、南高安中学校で平成28年度八尾市総合防災訓練が行われました。

  • 世代を超えて受け継がれる音と踊り [2016年8月24日]

    河内音頭の本場として知られ、日本三大地蔵のひとつ「八尾地蔵」の名でも古くから親しまれている常光寺(本町5)で、8月23日・24日の2日間、毎年恒例の地蔵盆踊りが行われました。

  • みんなで楽しくお菓子作り [2016年8月19日]

     夏休みも終盤の8月19日、市内に本店を構える洋菓子店「パティスリーブルス」のパティシエ・出口和彦さんを講師に招き、志紀コミセンで子どもを対象としたお菓子作り教室が行われました。

  • 灯籠に思いを込めて [2016年8月15日]

    聖徳太子ゆかりの寺として知られている大聖勝軍寺(だいしょうしょうぐんじ、太子堂3)で、諸霊の菩提を祈るため、絵や歌を書き添えた絵灯籠を本堂や境内に吊るして送り火供養を行う夏の伝統行事「万灯会」(まんとうえ)が行われました。この行事は毎年お盆の8月15日・16日の2日間で開催しています。

  • 図書館の仕事を体験しよう! [2016年8月5日]

     市では、子どもたちが実際に働くことや直接働く人と接することで、働くことの意義を理解し、自分の進路について考えていくことができるよう、市内の公共施設や企業などで仕事を体験する「八尾っ子おしごと体験」を実施しています。今回は、八尾図書館の仕事を子どもたちが体験しました。

  • みんなで進める 消費者教育 [2016年8月4日]

    消費者の視点で環境にやさしく健康で安全・安心な地域社会づくりについて考える「2016消費者大会~健康で安全・安心なくらしを求めて~」が3日、八尾市文化会館(光町2)で開催されました。

  • 自然と遊ぶ夏休み [2016年7月27日]

    さまざまな体験を通じて自然とふれあう「夏休み子どもキャンプ」が、7月27日・28日の2日間、大畑山青少年野外活動センターで開催されました。

  • 交通安全子供自転車大阪府大会の出場者が市長を表敬訪問 [2016年7月25日]

    6月25日に開催された第51回交通安全子供自転車大阪府大会に八尾市代表として出場した竹渕小学校の児童5人が、19日、田中誠太八尾市長を訪問し、結果報告を行いました。

  • 山のふもとで夏の風物詩 [2016年7月23日]

     今年4月に「施設一体型小・中学校」として開校した高安小・中学校を広く知ってもらうとともに、普段なかなか来る機会のない人たちに学校へ来てもらうことで地域の世代間交流を図ろうと、7月23日、同校グラウンドで「やまんねきサマーフェスタ」が開催されました。主催は高安中学校区まちづくり協議会。

  • 勇壮!布団太鼓の八尾の夏! [2016年7月17日]

     八尾の夏の風物詩の一つ「高安祭り」として知られる玉祖神社(神立5)の夏祭りが、7月16日・17日の2日間にわたって行われました。

  • 心あたたまる、夏の涼しいおくりもの [2016年7月12日]

    障がい者らの支援に焼く立てて欲しいと、市内の食品会社からスイカ129玉が八尾市に寄付され、田中市長が会社に感謝状を贈りました。

  • うまくすくえるかな?? [2016年6月12日]

     龍華小学校で青竹を使った約7メートルの流しそうめんが行われ、参加者らは夏の風物詩を楽しみました。

  • 小学校に水族館がやってきた! [2016年6月11日]

    6月11日(土)、北山本小学校で、アザラシやペンギンなどとふれあうことができる「移動水族館」が開催されました。

  • 今が見ごろ!300メートル続くアジサイ通り [2016年6月6日]

    安中町9丁目付近の長瀬川沿道で、色とりどりに咲くアジサイが見ごろとなっています。

  • 交通事故の衝撃を間近で体感! [2016年6月6日]

     スタントマンが実演する交通事故を目の当たりにし、交通事故に対する危険や恐怖を体感することで、安全な自転車走行を学んでもらう「スタントマン交通安全教室」が、6日から8日にかけて、南高安中学校、志紀中学校、大正中学校で開催されました。主催は「交通事故をなくす運動」八尾市推進本部、共催は八尾市・八尾市教育委員会・八尾警察署・八尾交通安全協会。

  • 自助・共助の大切さを再確認! [2016年5月28日]

     災害時などに、地域で率先して防災活動を実践する人材を育成し、地域の防災力を高めることを目的に、28日、南木の本防災体育館で「防災リーダー育成研修会」が行われました。

  • 暑い夏をエコで快適に過ごそう! [2016年5月23日]

     夏を涼しく快適にすることができる「みどりのカーテン」作りに取り組んでもらおうと、23日公園管理事務所(本町3)でゴーヤの苗の植え方について学ぶ講座が行われました。

  • 楽しみながら大和川について学ぼう! [2016年5月22日]

     「大和川わんど」に生息する水生生物の観察を行う「大和川のいきもの観察会」が22日午後1時から、大正小学校区まちづくり協議会、八尾市、国土交通省、近畿大学農学部、大阪府立環境農林水産総合研究所水生生物センターの連携のもと開催されました。

  • 高齢者ふれあい農園でタマネギ収穫! [2016年5月18日]

    堤保育所で日常的に取り組んでいる地域交流と食育の一環として、18日、同保育所の4・5歳児59人が、長池高齢者ふれあい農園(長池町5)でタマネギの収穫体験を行いました。

  • くらし学習館で「熊本地震助け合いバザール」を開催 [2016年4月26日]

    4月14日に発生した熊本地震の被災者支援を目的に、同月26日、くらし学習館で、「熊本地震助け合いバザール」が開催されました。

  • 華やかなお練り供養で再現、地獄極楽絵巻 [2016年4月24日]

    日本三大地蔵のひとつ「八尾地蔵」の名で古くから知られている常光寺(本町5、片岡英俊住職)で、24日午後3時から、大般若経の経典を読み、鬼たちや閻魔大王を追い払う厄払いをして家内安全や町内繁盛を願う伝統行事「大般若会(だいはんにゃえ)」が行われました。

  • 今が見ごろ!心合寺山古墳の桐の花 [2016年4月20日]

     中河内最大の前方後円墳である心合寺山(しおんじやま)古墳(大竹5)にある桐の木が、薄紫の優雅な花を咲かせ、訪れた人の目を楽しませています。

  • 鯉とこいのぼりの競演 [2016年4月19日]

    市内東部を流れる恩智川で、「恩智川こいのぼりフェスティバル」が開催され、約60匹のこいのぼりが初夏のさわやかな風を受けて元気に泳いでいます。

  • 「交通安全列車」運行で交通安全を啓発! [2016年4月13日]

     平成28年春の全国交通安全運動の一環として、4月7日、近畿日本鉄道株式会社との協力による『交通安全列車』を運行し、交通事故や踏切事故の防止を呼びかけるキャンペーン活動を実施しました。主催は「交通事故をなくす運動」八尾市推進本部。

  • 市内の桜開花状況(4月5日現在) [2016年4月5日]

    市内の桜が満開です。

  • 市内の桜開花状況 [2016年3月31日]

    市内の桜が咲き始めています。

  • 甲子園ボウル最優秀選手が市長を表敬訪問 [2016年2月21日]

     アメリカンフットボールの大学日本一を決める全国大学日本選手権「パナソニック杯 第70回毎日甲子園ボウル」で優勝した立命館大学チーム「パンサーズ」の西村 七斗(にしむら ななと)選手が、18日、八尾市役所を訪れ、田中誠太八尾市長を表敬訪問しました。