ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

八尾市社会福祉施設検討会議報告書(平成19年9月)について

[2016年11月1日]

ID:2766

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

八尾市社会福祉施設検討会議報告書(平成19年9月)について

保育所は、保護者が仕事などのために日中に家庭で乳幼児を保育できないときに、保護者にかわって子どもを保育することを目的とした社会福祉施設です。近 年、保育所は地域の子育て支援の拠点として、さまざまな事業を展開していますが、その中でも保育所入所は保育所の根幹部分であり、乳幼児の子育てと仕事を 両立するために欠かせないものです。ところが、八尾市では、保育所待機・保留児童(保育所入所申込みをしたが入所できない児童)が多い状況が続いていま す。待機児童解消については、八尾市次世代育成支援行動計画における保育サービス目標事業量(通常保育事業)を達成することにより実現することとしてお り、平成18年度に目標事業量を上方修正(約300人分)したところです。
  また、平成15年12月に八尾市児童福祉審議会から、本市の保育所 待機児童の解消方策について答申を受けています。この検討会議では、この解消方策に沿って、目標事業量をふまえて、保育サービス(子育てと仕事の両立支援 策)の充実に向けた社会福祉施設(保育所)整備のあり方を具体的に検討しました。
 
 検討内容等を「八尾市社会福祉施設検討会議報告書」としてとりまとめしましたので、ごらんください。   

お問い合わせ

八尾市こども若者部こども若者政策課

電話: 072-924-3988

ファックス: 072-924-9548

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?