ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

避難するために事前に知っておくべきこと

[2020年6月11日]

ID:3361

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

知っておくべき5つのポイント

避難に対する考え方

避難とは、『難』を『避』けることです。
つまり、安全な場所にいる人は避難所にいく必要は無いということです。
ご自身のお住いの地域が、発生している災害に応じて安全な場所なのか事前に
ハザードマップを利用して確認しておきましょう。

避難する場所の選定

避難先は、市が指定する避難場所、避難所だけではありません。
安全な地域の親戚・友人宅に避難することも一つの選択肢となります。
さまざまな避難場所を想定しておき、いざというときへの備えをお願いします。

避難するとき、お持ちいただきたいもの

マスク・消毒液・体温計が特に不足しています。
できるだけ自ら携行していただきますようご協力お願いします。

避難所の最新情報はホームページ等で公開していきます

市が指定する避難場所、避難所が変更・増設する可能性があります。
日ごろから、市ホームページ等で最新情報のご確認お願いいたします。

車中泊避難について

豪雨時の屋外の移動は車も含めて危険です。
やむをえず車中泊をされる場合、浸水しないよう周囲の状況や、
エコノミークラス症候群、熱中症対策等を十分に注意してください。

参考にしてください

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

今のうちに、自宅が安全かどうかを確認しましょう!

災害が発生したとき、市民のみなさまがとるべき行動について
事前に想定しておくことは非常に重要です。

下の避難行動判定フローと八尾市ハザードマップを参考にして
災害発生に備えましょう。

関連リンク
やお防災マップ(別ウインドウで開く)

参考にしてください

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

危機管理課
電話: 072-924-9870 ファックス: 072-924-3968

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?