ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

事業所(工場等)における荷物専用リフト等の点検について

[2009年6月19日]

ID:4909

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

事業所(工場等)における荷物専用リフト等の点検について

平成21年6月4日の正午前、市内の事業所(工場)で荷物専用リフト(昇降機)による事故が発生しました。

事故のあったリフトは、1階と2階に停止階のある荷物専用リフトで、事故の内容はリフトの下降中に手すり扉とかごの上部梁の間に、男性作業員の首が挟まったことにより、頸部損傷の重傷人を出したものです。幸いにして、緊急の手術により負傷された方の一命は取り留められましたが、大怪我をされました。

建築基準法では、建築物に設ける昇降機・リフト等のかごの床面積が1平方メートルを超える、または、天井の高さが1.2メートルを超えるものについて、昇降機(エレベーター)として位置付けされ、確認申請などの手続が必要になり、構造計算及び安全装置などの基準が適用されます。また、定期的な点検・報告が所有者等に義務づけられています。

 各事業所(工場等)のオーナーの方々においては、建物にある昇降機・リフト等といわれる、垂直の運搬装置について緊急に安全性などについて点検等を実施していただき、適切な対応をお願いするものであります。

お問い合わせ

八尾市建築部 建築指導室

電話: 072-924-8544

ファックス: 072-923-2931

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?