ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

大阪府内の水道水の放射性物質の測定について

[2019年4月1日]

ID:13326

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

大阪府内の水道水の放射性物質の測定について

 東北地方太平洋沖地震による原子力発電所からの放射能漏れが発生した後、水道水の放射能汚染が各報道機関より報道されています。
八尾市の水道水は大阪広域水道企業団より供給を受けていますが、今般の事象を受け、各浄水場において放射能測定を行っており、異常がないと公表しております。
 村野浄水場においても、水道水から放射性物質のヨウ素131やセシウム137は検出されておらず、水道水が安全であることが確認されており、今後も定期的に全β放射能の測定が継続して行われ、公表されます。
 水道水が浄水場から皆様のご家庭に届くまでは水道管を通っており、屋外に放置されることがないため、放射性物質にさらされることもありませんので、安心してご使用いただけます。


※参考として以下のとおり放射能汚染に関する情報が提供されておりますのでご参考ください。


お問い合わせ

水道局 経営総務課
電話: 072-923-6546 ファックス: 072-991-5991
メールアドレス:suidousoumuka@city.yao.osaka.jp

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?