ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

農地バンク制度について

[2016年11月17日]

ID:13345

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

八尾市農地バンク制度とは

 八尾市農地バンク制度とは、市内に遊休農地を所有し、その提供を希望する人(貸し手)と、その利用を希望する人(借り手)に関する情報を登録し、貸し手・借り手の間で農地の安全な貸し借りを仲介するシステムをいいます。

次のような人に、農地バンクへの登録をお勧めします

1.経営規模を拡大したい:農地を借りたり、あるいは作業受託により経営規模を拡大したいと考えている人

2.農業経営を縮小したい:従事者不足等により、経営規模を縮小したいと考えている人

3.遊休農地を何とかしたい:高齢等により、耕作が困難となり、農地が遊休・荒廃化したり、また将来その可能性がある人

遊休農地の所在地による貸し借りの方法の違い

 貸し手から提供される遊休農地が、市街化調整区域内にあるか、市街化区域内にあるかで、貸し借りの方法が異なります。

市街化調整区域内農地の場合

市街化区域内農地の場合

(1)市民農園

(2)農地法 3条許可

提供を希望する人(貸し手)

 次の書類に必要事項をご記入の上、提出してください。

提供を希望する人(貸し手)が作成する書類です。

利用を希望する人(借り手)

 次の書類に必要事項をご記入の上、提出してください。

利用を希望する人(借り手)が作成する書類です。

利用を希望する人(借り手)が作成する書類です。

お問い合わせ

八尾市農業委員会事務局

電話: 072-924-3897

ファックス: 072-924-3908

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?