ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

平成25年度やおっ子元気・やる気アップ提案事業【子どもいきいき実践部門】助成取り組みを決定

[2013年7月30日]

ID:22846

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

やおっ子元気・やる気アップ提案事業【子どもいきいき実践部門】 助成取り組みを決定

平成25年度は17団体からの申請があり、プレゼンテーション審査および書類審査(わくわくコースについては書類審査のみ)を経て、どきどきコース3件、わくわくコース11件の助成団体が決定しました。

どきどきコース

助成団体一覧
取り組み名団体名代表者取り組みの目的や内容決定
金額
伝統行事「〆なわづくり」と遊びの体験「めんこ」八尾市地域コーディネーター協議会田村 直樹子どもたちが〆なわを自分で作ることによって、その意義などを学ぶとともに、体を使って遊ぶ楽しさを味わうことのできるめんこ教室や大会を開催し、昔あそびの良さや日本の伝統行事を体験する。77,000
子育て支援プログラムコモンセンスペアレンティングの普及子育て支援プロジェクトサンシャイン藤井 祐子市民による地域活動として、コモンセンス・ペアレンティングの講座を開催し、怒鳴らないで、褒めて育てる子育ての方法があることを広く市民に知ってもらい活用してもらう。新しくトレーナーになった人向けの勉強会に一般市民を参加して開催し、トレーナーオブトレーナの堀先生を招いての講演会も企画。89,900
ティーンズの居場所づくり特定非営利活動法人KARALIN松田 直美放課後や休日に、部活や塾で過ごす中高校生がいる一方、やりたいことが見つからない、気持ちの休まる場所がないなど、悩みを抱えたり、安らぎを求めながら行き場所がなかったりする中高校生もいる。また、普段の過ごし方に困っていなくても、干渉されずに友だちと気軽にしゃべれる場所を求めている中高校生もいることから、ティーンズの「つどいのひろば」を開催するとともに、子どもたちのことを真剣に考えるおとなの育成のための講座も開催する。200,000

わくわくコース

助成団体一覧
取り組み名団体名代表者取り組みの目的と内容決定
金額
親子ふれあいランド ~カプラ積み木であそぼう~WAKKA-GONBO
(わっかごんぼ)
山本 純子同じ世代の子どもを持つ親同士が一緒に過ごすことによって、子育てサークル同士の交流を深めるとともに、八尾市内の子育て中の親子が交流できるコミュニティのきっかけづくりにするために、カプラ積み木を使った造形あそびをみんなで楽しむ。44,000
育ててみよう ジャガイモと若ごぼう八尾市地域コーディネーター協議会田村 直樹自然とふれあう機会が少なくなっている子どもたちに、ジャガイモと若ごぼうの育成を体験させる。子どもたちが育てたものを料理することで、食育や親子の会話のきっかけとする。50,000
手作り紙芝居講座紙芝居をつくる会高市 香緒里現代の人間関係の希薄さを受け、健全な子育て支援をするために、紙芝居講座を開催し、子どもたちの交流を深めることを目的とする。50,000
子どもの自主性を育てよう!親と子のいんた~ねっとYAO谷浦 佳美公共交通機関を利用し、八尾市内の工場見学を行う。子どもが自分たちの力で企画・実行することで、子どもたちの自主性を育て、また、工場を見学することで、仕事への関心を高め、八尾の地場産業を学ぶ。38,500
安心して子育てしやすいまちづくりお空にサークル稲葉 美穂親子で楽しむイベント(観劇・パステルアート・ハンドベルによる合奏・遊びなど)を開催し、同じ子育て中の親子が出会い、お互いの悩みや不安を共有することで、「孤立しない子育て」の重要性、必要性を考えるきっかけをつくるとともに、「安心して子育てできるまちづくり」に欠かせない、親子が出会う場、繋がる場とする。50,000
しゃぼんだままつりしゃぼん玉 幼児教室中谷 弘子子育て世代における交流と生のプロの作品を親子で触れることのできる、しゃぼんだままつりを開催し、子どもたちの豊かな感受性を育み、親子で共感して楽しめる場とすることで、地域でのつながりや交流の機会とする。50,000
絵本の読み聞かせ、オリジナル作品の発表ミーアキャットクラブ宮尾 紀子子どもたちの読解力や創造力が乏しくなっている昨今、絵本の読み聞かせをする機会をつくる。こどもたちには、絵本の世界の楽しさを知ってもらい、保護者には、読み聞かせの大切さや子育て・親育てのあり方を考える機会を持ってもらう。35,000
子どもが自信を持って行動できる力を高めるみんなHAPPYプロジェクト実行委員会出口 真理子子どもは年齢が上がるにつれ、行動範囲が広がり、時にはおとなの判断を待っている場合でないことがある。子どもがどんな時も、自分自身で考えるスキルを学び、実践し、冷静な判断力と行動力を高めることで、安心した生活を送ることができるよう、自分の住む八尾を学び、身を守るグッズを作成し、避難訓練を行う。50,000
楽器作りを通して 子どもの創造力、表現力、自己肯定感を育む特定非営利活動法人KARALIN松田 直美「世界中の子どもたちが元気で安心して駆け回れる日を夢見て」親子劇場など多方面で活動する総合工作芸術家だるま森のおもしろ楽器ワークショップを開催し、紙を材料に本格的な楽器を作る。日頃で会うことのないおとなへの興味から、自由な発想、表現することの心地よさ、自分らしさ、違いのおもしろさを体験する。49,000
「みんなの学校」から考える子どもの居場所CAPプロジェクトやお伊藤 栄子ドキュメンタリー番組『みんなの学校』を鑑賞し、「不登校ゼロ」で特別支援の子どももたくさん通う大阪市立大空小学校の取り組みについて共に考える。コミュニケーションが難しかったり、学校に行きづらい子どもたちへのサポートは学校だけでなくみんなで考える課題であり、すべての子どもに学校での居場所を作るために、子どもに関わる活動を行っているパネラーを招いて意見交換する。44,500
たけふち 子育て おうえんまつりきりんの会ベビー上野 由佳地域とのつながりを持てる「たけふち 子育て おうえんまつり」を開催する。妊娠中または1歳未満の乳児を育てている人を対象に保育サービスのある講座や一般の人が参加できる育児相談や手作りコーナー、地域の紹介コーナー、交流コーナーを設ける。50,000

お問い合わせ

八尾市こども未来部こども政策課

電話: 072-924-3988

ファックス: 072-924-9548

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?