ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

近畿大学建築学部との連携に関する協定について

[2014年4月3日]

ID:25150

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

近畿大学建築学部との連携に関する協定

八尾市と近畿大学建築学部(大阪府東大阪市)は、八尾市のまちづくりや建築学の研究を推進するために、平成26年(2014年)4月2日(水)八尾市にて、連携協定調印式を行いました。

近畿大学建築学部においては、これまでも八尾市と、建築学的見地から都市政策・住宅政策等の審議会、審査会の委員に就任するなど、八尾市の政策立案に貢献してまいりました。

八尾市においては、人口減少や少子高齢化による地域コミュニティの希薄化、工場跡地が住宅に建て変わる等住工混在による問題の顕在化及び公共施設(用地)の有効活用等、様々な行政課題が存在しており、これらの課題の解決に向け、今まで以上に近畿大学建築学部の協力が必要であるとの認識となりました。

そこで、官学が連携することで、人的・知的交流を通じて、まちづくりの推進と建築学(工学、デザイン、住宅、企画マネジメント)の研究の発展に寄与することから、この度連携協定を締結することとなりました。

                  連携協定調印式

お問い合わせ

八尾市都市整備部都市政策課

電話: 072-924-3850

ファックス: 072-924-0207

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?