ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

経済センサス-基礎調査のお知らせ

[2019年5月20日]

ID:26014

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

経済センサス-基礎調査を実施します

■調査の概要

調査の目的

我が国のすべての産業分野における事業所の活動状態等の基本的構造を全国及び地域別に明らかにするとともに、事業所・企業を対象とする各種統計調査の母集団情報を整備することを目的としています。

調査の期間

2019年6月1日から2020年3月31日まで

調査の対象と種類

調査は、原則として全国すべての事業所を対象に、次の種類に分けて実施します。

(1) 甲調査
すべての民営事業所を調査します。ただし、以下に掲げる事業所は調査対象から除かれます。

  • 日本標準産業分類大分類A-農業,林業に属する個人経営の事業所
  • 日本標準産業分類大分類B-漁業に属する個人経営の事業所
  • 日本標準産業分類大分類N-生活関連サービス業,娯楽業のうち、小分類792-家事サービス業に属する事業所
  • 日本標準産業分類大分類R-サービス業(他に分類されないもの)のうち、中分類96-外国公務に属する事業所


(2) 乙調査
国及び地方公共団体の事業所を調査します。(※調査の期日:2019年6月1日)

調査の内容

事業所の名称、所在地、活動状態を調査します。
また、新規把握事業所などの一部の事業所については、従業者数、事業の内容、法人番号、年間総売上金額などの事業活動の実態を調査します。
正確な統計をつくるためにも、該当の項目にはもれなく回答をお願いいたします。

■調査の方法

調査は、以下の方法により行われます。

(1) 甲調査

調査員がすべての事業所の「名称」、「所在地」、「活動状態」を外観等から確認し、その結果を『調査員用端末』に入力します。そして、新たに把握した事業所などの一部の事業所には、調査票を配布します。
調査への回答は、パソコンやスマートフォンなどによるオンライン回答又は記入済みの調査票を郵送提出する方法により行います。

(2) 乙調査

国・地方公共団体の事業所に調査票を送付し、回収する方法により行います。

■調査の流れ

調査の流れは、以下のとおりです。


※事業所への回答の督促は、総務省が実施します。

■調査情報の保護

調査票のすべての情報は保護されます。
調査員をはじめとする関係者には、「統計法」という法律により、調査で行ったことを他に漏らしてはいけない義務と、これに反したときの罰則が定められていますので、安心してご回答ください。
また、回答いただいた内容は、統計作成の目的以外(税の資料など)には絶対に使用しません。
なお、調査員は、身分を証明する「調査員証」を携帯しています。
調査員証の提示がない場合や問い合わせに不審な点を感じられた場合は、八尾市総務部総務課統計係までご連絡ください。

■調査に関するお問い合わせ先

総務省では、調査期間中のお問い合わせに対応するため、通話料無料のコールセンターを設置しています。

経済センサス-基礎調査コールセンター
0120-500-553 (通話料は無料です) ※番号のおかけ間違いにご注意ください。

▶ 受付時間:午前9時30分~午後6時
▶ 受付期間:2020年5月29日まで (土・日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

■リンク

お問い合わせ

八尾市 総務部 総務課 統計係
電話: 072-924-3826 ファックス: 072-992-7583
E-mail: toukei@city.yao.osaka.jp

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?