ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

第20号 第1回八尾まつり

[2016年1月22日]

ID:30676

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

第20号 第1回八尾まつり

 今年で38回目を迎える八尾河内音頭まつり。市政施行30周年を迎えた昭和53年4月、市内には50を超える神社がありましたが、全市民が参加できるお祭りがなく、そのような中「市民型まつり」として八尾まつり(現在の八尾河内音頭まつり)が開催されました。

 第1回八尾まつりには、市民約700人が詰めかけ、「クイーン八尾コンテスト」や若手ミュージシャンたちが熱いパフォーマンスを繰り広げる「ヤングフェスティバル」、河内の味が堪能できる「茶がゆコーナー」など盛りだくさんのプログラムが実施され、お祭り気分に沸き上がっていた市民の様子が当時の写真や新聞記事から伺えます。

 まつりのクライマックスとなる大パレードでは、安中小学校前から八尾小学校までの800メートルの距離を、オープンカーに乗ったクイーン八尾たちを先頭に、踊り子やふとん太鼓、こども神輿や音楽隊など総勢3800人が練り歩き、沿道を埋め尽くした約3万人の見物客からは大きな歓声が沸き起こっていました。この成功により八尾まつりは市民権を得て、今日まで続く本市の伝統行事の1つとなりました。

 今年の八尾河内音頭まつりでも、河内音頭グランプリや大盆踊り大会、マルシェdeオンドなど、八尾河内音頭まつり振興会を中心に「参加したみんなが笑顔になるまつり」をめざして企画を進めています。ぜひ皆さんもまつりに参加して、一緒に八尾河内音頭まつりを盛り上げていきましょう。

 ※第38回八尾河内音頭まつりは、9月6日(日)に久宝寺緑地で開催します。



第1回八尾まつり

第1回八尾まつりの様子

八尾河内音頭まつり

八尾河内音頭まつりの様子1

八尾河内音頭まつり

八尾河内音頭まつりの様子2

八尾河内音頭まつり

八尾河内音頭まつりの様子3

八尾河内音頭まつり

八尾河内音頭まつりの様子4

八尾河内音頭まつり

八尾河内音頭まつりの様子5

八尾魅力発見! 第20号 第1回八尾まつり

Adobe Reader
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?